FC2ブログ
 東方神起 LIVE TOUR 2013 ~TIME~ at 京セラドーム '13.6.9
tickets.jpg
計5回のエビデンス


連日の京セラドーム通いも、ついに最終日を迎えました。
私にとっては、これがTIMEツアー観納めです。
ということで、TIMEツアーat京セラドーム、最終日のレポをお届けします。

この日の私の座席は、スタンド3塁側下段23通路8列で、メインステージに近い左サイド席。
ちなみに、このエリアはライブ用に特別に設けられたブロックで、京セラドームの座席表を見ても載っていません。
そして、仮設シートなので、床揺れが結構激しいのが難点です…。

さて、最終日のパフォは、なにが凄かったって、それはチャンミン・ソロでしょう!
なにより、すっかりこの曲の魅せ場となっているベーシストのカズさんとの絡みが!
この日は、チャンミンがカズさんの額に顔をくっつけて、それはもぅスリスリスリスリ!
もうちょっとでチューしそうな勢いでした。
それにしても、日を追うごとに濃厚になっている二人の萌えシーン、この調子だと、次の東京ドームでは本当にチューするかもしれません。
ていうか、チューして(笑)。
チャンミン・ソロは、萌えシーンとかプレミアムシートの人とハイタッチとか、何かと刺激的な演出が目立つ印象ですが、この日のチャンミンは、いつにも増して気迫のこもったロック魂溢れる歌唱で、その歌声にも完全にやられました。

歌声といえば、「Heart,Mind & Soul」は、私が初めて二人バージョンを聴いた名古屋公演のときは、正直物足りなさを感じましたが、この日は、技術的には決して完璧ではなかったけれど(微妙に音程外したり)、なによりソウルがあり、ライブで歌い込むことで、5人バージョンとはまた違う、二人ならではの魅力が確立されたように思いました。

メインステージ寄りの今回の座席でよかったのは、「Catch Me」の、隙間をあけまくって体に巻きつけた包帯みたいなエロ衣装と、ダンスを超えてもはやアートの域に入っている、がっつり作り込まれた振り付けを近くで堪能できたことです。
この曲は、近くで観るほうがより感動が増します。

さらに、この日は、アンコールの「Why」で、まさかの衣装チェンジのサプライズもありました。
New衣装は、黒のメッシュ素材のタンクトップの上に、黒と赤のツートンカラーのノースリーブジャケットという組み合わせで、これまでの安っぽいチャイナ服みたいな衣装より、俄然オサレ&エロエロ&スケスケ!
言わずもがな、双眼鏡とスクリーンを駆使してB地区透けのチラ見えを必死で追っていた私ですが(笑)、しかし、残念ながらその瞬間は確認できませんでした。
オヘソ透けはバッチリ堪能できたのですが…。
ツイッター情報によると、B地区透けを目撃した人もいたようで、くやしいです。

ツイッターといえば、ユノとチャンミンのその日のパンツの色を報告するツイートが恒例のように上がっていますが、私はこれまで見えたためしがなく、いったいどの席で観れば目撃できるのかと思っていたのですが、ついに、見えました。
チャンミンのこの日のパンツの色は、青!

ということで(笑)、TIMEツアーレポは、これにて終了。


最後に、京セラ参戦では、お世話になっているチャミペンブロガー、YUNAさんのコメンター(YUNAライン)の方々とお会いして、それは楽しいひと時を過ごしました。
皆さん、見た目はとても品があってお綺麗で可愛らしいのに、中身はエロエロで愉快で(笑)、いや~、人って、分からないものですね。
皆さん本当に素敵な方たちばかりでした!
またぜひお会いしたいです~。

| home |