fc2ブログ
 東方神起 LIVE TOUR 2013 ~TIME~ at ナゴヤドーム '13.5.12
nagoya05121.jpg
最終日は、快晴に恵まれました


TIMEツアーat名古屋ドーム、最終日のレポをお届けします。
最終日は、会場に着くまで「チケット譲ります」の札を下げた人はほとんど見かけなかったものの、実際の集客は初日よりも少なめでした。
とはいえ、それでも9.3割ぐらいは埋まっていたでしょうか。

今回の私の座席は、1塁側R20通路のスタンド席。
サブステージを真右方向から観る位置で、しかも、かなり前方なので、トロッコの時は相当近くで観られる可能性が…!
きゃ〜。

と、期待を胸に、いよいよオープニングの「FATED」が始まったところで、なんと、ノリノリの観客の動きに合わせて、やたらと床が揺れるという、思わぬ事態が発覚!
自分も一緒になって動いているときはいいけれど、双眼鏡でガン見したいときは、揺れのせいでちっとも焦点が合わず、それでもなんとか頑張っていると、だんだん酔いそうになる始末で、音質といい床揺れといい、「ほんまに名古屋ドーム、えぇ加減にせぇよ」と言いたいです。

さて。話題を変えて、ライブは期待どおり、トロッコが超接近!
さらに、このエリアはトロッコが一時停止するスポットでもあり、二人を至近距離で、結構長い時間拝むことができました!!
そう、トロッコといえば、サイン入りボールやフリスビーが飛んで来る、ライブの中でも特に盛り上がるコーナーですが、私の斜め前方に座っていた制服を着た(恐らく)中学生の女子は、チャンミンからはサイン入りボールを貰えるわ、ユノからは激しくアイコンタクトされるわで、えらいことになっていました。
彼女がこのライブで運を使い果たして、高校受験に失敗しないことを願うばかりです。(余計なお世話(笑))

間近で見る二人は、至近距離なのに遠くに感じるほど、とにかく小顔!
そしてなにより、チャンミンのプロポーションが、あまりにパーフェクトで、身長、頭の形、顔の大きさ、首の長さ太さ、胴体の短さ、脚の長さ、カラダの引き締まり具合、……、なにもかもが美しすぎるバランスで、さらに、お肌は毛穴一つない陶器のようなつるすべ肌、汗の滴る二の腕がなんとも艶めかしく輝き、近くで見れば見るほど逆に、同じ人間とは思えない、何か特別な芸術作品のように感じてしまいます。

この日は、チャンミンのWKG(ワキ毛)もバッチリ拝め、しかも、ちょうどチャンミンのワキを真下から見上げる、絶好の(!)あられもない角度で拝めたため、もう何も言えねぇ状態です。
チャンミンの生WKGは、ボキャ貧の私には形容する言葉が見つかりません…。
毛を間引きしていないことは確かです。
ちなみに、Tシャツのときも腕を上げるとはみ出していました。(この、ハミWKGがまたグッときますね)
ユノのWKGは、残念ながら肉眼では見れませんでした。


ということで、他にも萌えトークとかエロシーンとかについても触れたかったけれど、すでに長文なため、またの参戦のときにでも取り上げたいと思います。
最後に、名古屋では、いつもお世話になっているチャミペンブロガー、YUNAさんの常連コメンテイター(通称:YUNAライン)の方たちと直接お会いすることができ、本当に楽しい参戦となりました。
また、京セラドームでもお会いできることを楽しみにしています。

| home |