fc2ブログ
 Pot-de Live at Mother Popcorn '13.03.31
3月31日は、1日だけのスペシャル企画ギャルバン、Pot-deのライブでした。
年度末でお忙しい中、ご来場下さった皆様、誠にありがとうございました。
ご一緒させていただいたVERGINEさん、GOOD DAY to DIEさん、Funky Swamp Lineさん、お疲れさまでした&ありがとうございました。
会場のMother Popcornさん、大変お世話になりありがとうございました。

さて。Pot-deは、
・大人ガーリーな雰囲気からは想像がつかないほど、ヘッドバンクしながら激しくベースをかき鳴らす姿がギャップ萌えのベーシスト、HAMAさん(バンド発起人)
・葛城ユキ系の(←例えが古っ)絶妙なしゃがれ声がたまらん魅力の生粋ロックボーカリスト、Tamさん
・ギャルバン界では名の知れた存在で、バリバリ現役オーラ全開ギタリスト、K-Cさん

という全員ギャルバン出身のプロパーに、なぜか、ギャルバン知らずな上にちっともロックしていない(特に最近は)畑違いの私がドラムで参加という、異色(?)編成ギャルバンです。
それにしても、なぜ私に声がかかったのか…、いまだにナゾが残るところですが(笑)、今回の思わぬギャルバン体験は、練習の時から新鮮な驚きの連続で、本当にいい経験になりました。
ありがとうございました。

ちなみに、ギャルバンと男子(混じりの)バンドの違い…、これは個人的な印象ですが、一言で表現すると、ギャルバンはなんでも感覚でモノを言い、男子(混じりの)バンドはなにかと理屈でモノを言う感じ。
コード進行とか、その他専門的な音楽用語がほとんど出てこなくても、どこの部分の何を言おうとしているのか、感覚で意思疎通がそれなりに図れるのは、ギャルバンならではの特徴ではないでしょうか(笑)。
いわゆる男性脳と女性脳の違いが、バンドの世界では如実に表れているような気がします。

backstage.jpg

Pot-deのデビューライブは、なんだかんだで、曲数少ない&仕上がり微妙?な状態で迎えてしまいましたが(汗)、持ち時間はMCでなんとか繋ぎ、演奏はとにかく勢いで乗り切り、少なくとも本人的にはやり切った感満載でしたが、おかげさまで、なんとなんと、周りの評判も上々だったようで、本当に嬉しいです。

今回ご一緒させていただいた対バンさんは、Funky Swamp Lineさん以外は初めて拝見しましたが、VERGINEさん、GOOD DAY to DIEさんともに強烈な個性を放つバンドさんで、自分たちのやっている音楽が好きで好きでしょうがない様子が、見ていて胸やけしそうなぐらいに(笑)伝わってきました。

そぅ、強烈といえば!
GOOD DAY to DIEのドラマーさんの、ありえないほど超ハイポジションにセットされたシンバルをご覧あれ!!(絶句)

drumset.jpg

手足が無理なく動かせるセッティングを信条とする私には、シンバルをこんなに高くする意味を知る由もありません…。

トリを務めたFunky Swamp Lineさんは、見るたびに進化しているのが素晴らしく、アンサンブルのまとまりも半端ないし、大人ロックの分野で確固たる地位を築いた感バリバリの、貫禄のステージでした。

ということで、せっかくの好評価をいただいたからには、Pot-de、またやりますか!?
そんなことを期待しつつ、最後に、今回のセットリストです。
ありがとうございました。



1.Madame Helga / Stereophonics
2.Rope / Foo Fighters
3.Come Get Some / Rooster
4.Peeled Apples / Manic Street Preachers
5.The Masses Against the Classes / Manic Street Preachers
6.I Can't Explain / The Who




もっとPot-deが知りたいという方は…

Read More →


| home |