fc2ブログ
 祝!第36回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞

黄金を抱いて翔べ 初回限定 コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]黄金を抱いて翔べ 初回限定 コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray]
(2013/04/02)
妻夫木聡、浅野忠信 他

商品詳細を見る


チャンミンが~~~~!
記念すべき映画初出演作「黄金を抱いて翔べ」での演技が認められ、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、最優秀新人賞候補にノミネートされたそうです!!
きゃ~~~~~!!!

確かに、チャミペン目線抜きで見てもいい演技だと思ってはいましたが、日本の映画賞の中でも最も権威ある日本アカデミー協会からお墨付きをもらうとは!
TONEツアーの合間を縫っての映画撮影という過密スケジュールに加え、初めての映画出演、さらに母国語ではない日本語での演技と、色々なプレッシャーがあったせいか、撮影中に4キロも体重が減ったとか(ただでさえ細いのに!)、たくさんのインタビュー記事や関連情報を見たり聞いたりして、チャミペンとしてはチャンミンが並々ならぬ苦労をしたことを感じ取っているだけに、感慨一入というか、苦労が報われるとはこのことか、と思いました。

以前、チャンミンの俳優デビュー作のテレビドラマ「パラダイス牧場」を見たときも、思ったより演技が下手っぴじゃなかったのでちょっと驚きましたが(失礼)、しかし、このドラマはチャンミンの演技力よりも、周りがチャンミンを盛り立てていい感じになるように演出しているからこそ成り立っている印象が拭えませんでしたが、「黄金を抱いて翔べ」は、そんな特別待遇は一切なしで、一俳優として、正に“演技”していて、その演技力に俳優としてのセンスを感じました。

個人的に、チャンミンは、俳優としては舞台とかミュージカルといった大袈裟な演技が求められる舞台系より、映画とかテレビドラマのような、繊細な演技が求められる映像系が向いていると思います。
ということで、また、俳優チャンミンとしても楽しませてくれる日を心待ちにしています。

Congratulation

| home |