FC2ブログ
 American Idol Season11 TOP8→7
今回のテーマは、’80s特集。
ゲストコーチに、ノー・ダウトのグウェン・ステファニー(オシャレ番長健在!)と、トニー・カナル(ベーシスト)を迎え、キラキラの’80sソングを競います。

トップバッターは、まだ17歳なのに選曲が妙に年寄りくさいのが気になる、ディアンドレ
今回も、デバージの「I Like It」と、渋すぎソングをチョイスするも、今どきのティーンに果たして受けるのか心配。

2番手は、レッド・ツェッペリンが大好評ですっかり快調、エリーズ
グウェン・ステファニーからお墨付きをもらい、ザッツ’80sなフォリナーを歌うも、彼女のハスキーなブルージー・ボイスにはどう考えてもミスマッチ。グウェンの指導の信頼性にも疑問符点灯。

3番手は、過剰評価男、フィリップ
キング・オブ・’80s、フィル・コリンズ率いるジェネシスの「That’s All」を重々しくアレンジして唸るも、この曲から軽快さを無くすこと自体が間違いでは?

4番手は、暑苦しさが信条、ジョシュア
ジョシュアに持って来いのナンバー「If You Don’t Know Me By Now」を、思う存分暑苦しく熱唱。

5番手は、ミス・ビブラート、ジェシカ
ホイットニーのアップテンポ曲「How Will I Know」を演歌チックに歌い上げ。

6番手は、ビッグ・バラード専門、ホリー
満を持してのアップテンポ投入も、「What A Feeling」を歌ってみましたレベルの完成度で終了。さらに、ジャッジたちからはまたしてもピッチの指摘をされ、ショックを隠せず。

7番手は、イケメン枠で合格、コルトン
シンディー・ローパーの名曲「Time After Time」を、今どき感溢れるロック・アレンジで魅了し、女子たちから黄色い歓声。後でトラブルにならないよう、アレンジの元ネタも明らかにし、フォローも抜かりなし。
ところで、今回のコルトンの、首もと巻物+細身ジーンズのコーディネートは個人的に萌えファッションで、ますますコルトンに傾倒です(笑)。

トリは、いかつい系カントリー・ガール、スカイラー。
ベッド・ミドラーの「Wind Beneath My Wings」を、背伸びせず、彼女の田舎っぽい素朴な雰囲気を生かした歌唱で歌い上げ、大絶賛。

その他、今回は男女のデュエット・コーナーもあり、ポインター・シスターズの「I’m So Excited」など、懐かしの、これぞ’80sなナンバーが繰り広げられました。

ということで、私の落選予想は、ホリー。

結果は、ディアンドレでした。
やはり、渋すぎ選曲が受けなかった原因でしょうか…。


17歳で歌うには大人すぎるメロウな雰囲気。個人的には大好きです

| home |