FC2ブログ
 The 5th Music Revolution JEUGIA FINAL '11.8.28
ベニエ座ライブの翌日は、某高校の軽音楽部の顧問をしているベニエ座歌姫キャロラインさんの教え子で、TDS(枝龍ドラムスクールの略、って、もうええって!?(笑))の生徒でもあるAさんが、23歳以下なら誰でも参加できる日本最大規模のアマチュア音楽コンテスト「Music Revolution(ミューレボ)」の地区予選ファイナルに出場するということで、その晴れ舞台を観に行って来ました。

実は、Aさんにドラム・レッスンをしてしばらく経った後に行われた、とある高校生バンド・コンテストで、Aさんのバンドが見事優勝(!)したとキャロさんから報告を受け、優勝バンドには、もれなくミューレボの地区予選ファイナルにシード出場できるという特典があるとのことだったので、これはぜひとも観に行かねばと、応援に駆け付けました。

Aさんのバンドは、オリジナル曲2曲を披露しましたが、どちらも、本当に彼らが作った曲?誰かのアーティストのコピーじゃね??と思うほど完成度が高くて、もうビックリ!

ドラム・パートはAさんが自分で考えたそうですが、Aメロ、Bメロ、サビと、曲の構成に合わせてリズムパターンを変化させ、多彩なリズムで曲をカラフルに演出する、そのセンスが素晴らしく、さらに、レッスンの後からリムショットを意識して叩くようになったというAさんのドラミングは、とてもタイトにキマッていて、私がこの日見たドラマーの中でもトップクラスの腕前でした。

とにかく、曲の完成度といい、バンド全体のパフォーマンスといい、決して贔屓目じゃなく光っていたので、これは残るんじゃないかと思っていたら、結果は、案の定(!)勝ち残り、大阪エリアのセミファイナルに進むことになりました!!!!!
きゃ~~~~~~!!!!!おめでとう~~~~~~~!!!!!
私もすごく嬉しいです!!!!!

それにしても、この日は、全出場者の半分ぐらいのパフォーマンスを観ましたが、地区予選というのに、レベルが高い高い。
23歳以下という条件なので、エントリーは主に高校生か大学生ですが、バンドもソロも、プロになれるほどの才能を持った若者がこんなにいるとは、本当に驚きです。
そしてなにより、彼らの、音楽に向かうひたむきな姿勢、真っ直ぐでピュアな情熱、怖いもの知らずの青春エネルギーに感動、心洗われました。
私は、さほど“若さ崇拝”なタイプではないのですが、この日は思わず「若いって、いいなぁ…」と感慨深くなりました。

とか言いながら、観戦中は、キャロさんとリエさん(元ベニエ座コーラス)と私の3人で、なりきり審査員で辛口コメントしまくっていたのですが(笑)、結果を見ると、我々が「いい!」と思った人たちは、全員次に進むことになり、私たちも伊達に音楽活動していないというか、ちゃんと見る目があるというか、そんなことも証明された(?)、1日でした。

次回のセミファイナルも期待しています。
都合が悪く観に行けないのが本当に残念ですが、応援していますので、がむばって~~~~~

| home |