fc2ブログ
 American Idol Season10 TOP4→3
今回のテーマは、①心を揺さぶる曲 ②リーバー&ストーラーの作った曲
②には、ゲストコーチにレディ・ガガ様を迎え、各テーマ1曲ずつ(計2曲)を披露します。

トップバッターは、メタボなロックスター気取り、ジェームズ・ダービン
① ジャーニーの「Don’t Stop Believin’」をロックスター気取りでハイトーン熱唱するも、本家スティーヴ・ペリーや「Glee」のカバーにはかなわず
② ノリノリのロック・アレンジで大いに場を盛り上げるも、せっかくのガガ様の腰振り指導は本番ではどこへやら

2番手は、気がつけばダークホース、ヘイリー・ラインハルト
① 壮大なメッセージソング、マイコーの「Earth Song」を取り上げるも、知名度の低い選曲と唸ってばかりの歌唱に、ダメ出しの嵐
② ドラマティックな楽曲をよりドラマティックにするガガ様ならではのサイコ演出は、ガガ様ほど鬼気迫るものはなかったものの、ジャッジたちは総絶賛

3番手は、みちのくひとり旅、スコッティ・マクリアリー
① じんわり心に染み入る抑えた熱唱で、会場は感動の渦
② ユーモラスな楽曲でエンタテイナーぶりを発揮するも、ガガ様からはマイクの基本的な扱い方を指導され、ジェニロペからはバラードとアップテンポの見せ方が前回と同じなのを鋭く突っ込まれ、さすがのスコッティもとほほなご様子?

トリは、優等生パフォーマー、ローレン・アライナ
① 選曲、パフォともにパーフェクトにキメて上々
② 優等生なイメージを打ち破り、攻撃的なパフォで違った一面を見せることに成功

ということで、私の落選予想は、1曲目はもちろん、2曲目もジャッジたちが絶賛するほどよいとは思わなかった、ヘイリー。

結果は、ジェームズ・ダービンでした。

最近は、自慢のハイトーンボイスよりもメタボばかりが目立っていたジェームズ。(苦笑)
お別れパフォも、最後にメタボ腹がチラ見えするという、見てはいけないものを見てしまったような、微妙な締めくくりとなってしまいました…。

| home |