fc2ブログ
 Maroon5 Live at 名古屋国際会議場 '11.5.13
大阪公演だけでは飽き足らず、翌日の名古屋公演にも行って来ました。はい。
それでは、大阪公演レポは、音楽的な視点で真面目に(?)レポったので、名古屋はミーハー路線でお届けしたいと思います。

この日のアダムのファッションは、黒のピタTに濃紺ジーンズで、大阪の時とほぼ同じかまったく同じ。
雑誌でヌードになったりしてカラダも自信満々のアダムに、ダボTはありえません。

ギターのジェイムスは、青いシャツにブラックジーンズの組み合わせでしたが、ちょいワルおやじと違って、シャツのボタンを上まできっちり留めているのがかわいい&さらさらブロンドヘアが眩しい。
そう、ジェイムスといえば、昔、あのケイティ・ペリーと付き合っていた噂がありましたが、ケイティと付き合っていたなんて、アダムに負けず劣らずのツワモノでしょうか。

意外だったのは、ベースのミッキーが、写真ではなんだか顔の肉付きがよくて太った印象なのが、実際はそんなことはなく、むしろイケメンだったこと。
実はイケメンのミッキーは、この日が誕生日だったようで、アダムがメンバー紹介のときに「ハッピーバースデイ!」と叫んでいました。

キーボードのジェシーとドラムのマットは、写真や映像そのまんま、って感じです。

ライブは、名古屋ではセットリストを変えてきてくれるかと期待しましたが、大阪とまったく同じでした。
アダムのMCも、大阪と同じく「アイシテマス」とか「ゲンキデスカ」など、頑張って覚えた日本語をいくつか披露して観客を沸かせ、あとは曲紹介など、基本少なめ。
全体的には、名古屋のライブももちろん大盛り上がりでよかったのですが、大阪のほうがバンドのテンション(特にアダムのテンション)が高かった感じがします。

それにしても、バンドがビッグになると、バンド内の人間関係がぎくしゃくする話はよく聞きますが、Maroon5は相変わらず皆さんとても仲がよさそうで、ステージからも仲良しオーラが伝わってくるのがよいです。

ということで、さすがにこれ以上追っかけはできず、Maroon5はこれで観納めです。
早くまた日本に来てね~~。Pleeeeeease!

| home |