fc2ブログ
 American Idol Season10 TOP6→5
今回のテーマは、キャロル・キング。
それぞれソロ・パフォーマンスとデュエットの2曲を披露します。

トップバッターは、Mr.大袈裟、ジェイコブ・ラスク。久々のアップなナンバーに興奮しすぎて全体的にシャープぎみ。

2番手は、優等生パフォーマー、ローレン・アライナ。弱気を克服すべく、ジャッジたちのアドバイスに従い高音にチャレンジしたことを褒められ、うれし涙。

ここで、ケイシー&ヘイリーのデュエット。息ピッタリ、ハモリもバッチリ。

3番手は、みちのくひとり旅、スコッティ・マクリアリー。いつもの“スコッティ節”を抑え、出だしからソフト&スムースな歌声で新たな一面を披露。

4番手は、巨大化が止まらないロックスター気取り、ジェームズ・ダービン。派手な演出一切なしの、シンプルな歌一本勝負に出て大成功。

ここで、スコッティ&ローレンのデュエット。ローレンへの目配せを絶やさない、デュエットを心得ているスコッティと、自分のことしか見えていないローレンの対照的な構図が微笑ましい(笑)。

5番手は、カルトな人気者、ケイシー・エイブラムス。アメアイとは思えない異色のパフォが、吉と出るか凶と出るか。

トリは、テクニックはピカイチ、ヘイリー・ラインハルト。豪華なアレンジに乗って、終始楽しげに熱唱。

最後に、ジェイコブ&ジェームズのデュエット。ていうか、ジェームズのメタボ腹はマジでヤバい…。

ということで、私の落選予想は、ジェイコブかケイシーか、って感じですが、ジェイコブ。

結果は、ケイシー・エイブラムスでした。

う~む、ケイシーでしたか…。
しかし、「今回の結果に、大勢のファンがショックを受けることでしょう」などというライアンの前置きのおかげで、ケイシーとスコッティの二人がステージに残されたときは「まさかスコッティが??」と焦ったりして、まんまと番組の演出に引っかかってしまいました…。

| home |