fc2ブログ
 American Idol Season10 TOP9→8
今回のテーマは、ロック史に残る名曲。

トップバッターは、Mr.大袈裟、ジェイコブ・ラスク。プロデューサーのお薦め「Let’s Get It On」はキャラに合わないと拒否し、自らの選曲マイコーで勝負。Noと言えるジェイコブ。

2番手は、持ち場が見つかり上り調子、ヘイリー・ラインハルト。ジャニス・ジョプリンで大暴れ。

3番手は、敗者復活、ケイシー・エイブラムス。アップライト・ベースの弾語りでライバル達に差をつけるも、ヘイリーの後なだけに地味感拭えず。

4番手は、優等生パフォで突っ込みどころなし、ローレン・アライナ。今回もGood Jobで安泰。

5番手は、ロックスター気取り、ジェームズ・ダービン。思い入れのある選曲を歌い上げ、パフォ後に感極まって思わず涙。同情票が集まりそう。

6番手は、みちのくひとり旅、スコッティ・マクリアリー。幼いころから大ファンのエルヴィス・プレスリーでキメキメ。

7番手は、ディーヴァ道を突き進む、ピア・トスカーノ。満を持してのアップテンポ導入も、ジェニロペからは歌唱力だけでなくステージングの研究もしてほしいと更なる要求あり。

8番手は、力み君、ステファノ・ランゴーニ。力み度120%のハイトーン熱唱に、見ているこちらが疲労困憊。

トリは、テコ入れしないとそろそろヤバい、ポール・マクドナルド。上げ上げナンバーで、勢い任せに突っ走り。

ということで、私の落選予想は、ジェイコブ、ケイシー、ステファノ、ポールあたりで迷いますが…、ポール。

結果は、なんと!アンビリーバボーな…!!ピア・トスカーノでした。

優勝候補筆頭だった(はずの)ピアが、こんなところで脱落です!!!
いやはや、今シーズンは何が起きるか分かりません。

| home |