fc2ブログ
 John Mayer Live at JCBホール '10.5.12
Tour Tshirt
12日は、ジョン・メイヤーのライブ「Battle Studiesワールドツアー」を観に、はるばる東京まで行って参りました。

個人的に、生メイヤーは、デビュー当時の初来日以来で、超久しぶり。
当時は、会場はBig Cat、チケットも難なく手に入りラクチンだったものですが、今や、ライブは東京のみ、チケットは即売り切れと、観るのがとても困難な“セレブ”アーティストに成長したジョン・メイヤー。
今回、通常のやり方ではチケットゲットできなかった私は、ネットオークションで、しかもバカ高い値段で落札して(金額はお察しください…)、入手にありつけたのでした。
さすがにこれだけの額を出したら神様も見方してくれたのか、おかげさまで、席はアリーナ7列目、前の人の頭も邪魔になることなく、ステージ全体が見渡せる良席で堪能できました。

さて。開演時間が過ぎ、バンドメンバーと共にステージに現れた生メイヤーは、映像で見たまんまのルックスで、外人にしては少々顔がデカめ。(余計なお世話!?)
この日のファッションは、チェックのシャツに黒いブルゾン、ボトムは黒のパンツのトータル・コーディネートで、なんとまぁ!私もちょうどチェックのシャツに黒ジャケットで、まるでペアルックのよう!きゃ~!!

それはさておき(笑)、ライブは、ニュー・アルバムの曲を中心に、過去3枚のアルバムからのナンバーもそれぞれ満遍なく散りばめた絶妙のラインナップで、楽曲の良さはもちろん、魅力的な歌声、さらに、ギターヒーローとしての見せ場も満載で、とにかく最初から最後まで、彼の才能の凄さに圧倒されっぱなしでした。

中でも、生で観られて大感動だったのは“ギターヒーロー”なジョン・メイヤーで、本当にもう…、彼のギタープレイは、「凄い」の一言!
プレイだけでなく、1曲終わるごとにスタッフが奥からギターを持ってきてギター・チェンジする、しかも使い回しはいっさいなし!(のはず)という、贅を尽くした演出もやばすぎでした。
ちなみに、個人的には「Perfectly Lonely」の、赤いボディに白い♡マークがたくさん並んだギターがかわいくて気に入っています。

ジョンの日本語MCも、さすが、昔日本に住んでいただけあって、「イラッシャイマセ~」など、他の外タレとは一味違う気の効いた日本語遣いで、また「アリガトウゴザイマ~~ス」とか、イントネーションが妙に軽いノリなのも彼らしい感じで、微笑ましかったです。

バックバンドは、ドラム、ベース、ギター×2、キーボード、コーラス×2の編成で、なんとドラマーが、私の大好きなドラマーの一人であるキース・カーロックだったのは、嬉しいサプライズでした。きゃ~!
キースがジョン・メイヤーのサポートメンバーになったいきさつはよく分かりませんが、それにしても、さすがジョン・メイヤー、お目が高いっ。
そして、スティーリー・ダンといいジョン・メイヤーといい、素晴らしいアーティストのサポートを次々務めるキースのキャリアは、超ノリノリです。
そんなキースの奏でる極上グルーヴをはじめ、渋くて巧い(!)バックのサウンドも素晴らしかったです。

噂通り、実に良い音響だったJCBホールもよかったし、とにかくなにもかもがよかった今回のライブ。
次回来日したときは、正規の値段で、そしてもちろんいい席で観られるよう、頑張りたいと思います。

ということで、最後に、この日のセットリストは、こんな内容でした。

~セットリスト~

1.Heartbreak Warfare
2.Crossroads
3.No Such Thing
4.Slow Dancing in a Burning Room
5.Perfectly Lonely
6.Stop This Train
7.Your Body is a Wonderland
8.Vultures
9.Who Says
10.Friends, Lovers or Nothing
11.Half of My Heart
12.Gravity

アンコール

13.Bigger Than My Body
14.Wheel

| home |