fc2ブログ
 スガシカオ JAPAN-UK サーキット at Zepp Osaka '09.12.18
昨日は、11月に続き、またまたスガシカオのライブに行ってまいりました。
今回のライブは、12月7日に行われた、シカオちゃん初の海外公演となるロンドン・ライブの内容を日本のファンにも披露するというもので、寒波の中、Zepp大阪まで足を運んだわけですが、寒さも吹き飛ぶ、大盛り上がりなステージでした。

今回は、なにより、セットリストがよかった!
11月のFUNK FIREではやらなかった「ストーリー」をはじめ、シングルカット曲中心のメジャー路線で固め、アレンジも、クラブ系に偏らず、普通アレンジあり、アコースティック弾語りありと、バラエティに富んだ内容で構成され、アンコールも2回やってくれて、2時間余りのステージはあっという間でした。

ロンドン公演では、観客はほとんど日本人かと思いきや、半分以上が“本物の外人”で、シカオちゃんは、そんな彼らを前に思わず足がすくんでしまい、まるで生まれたての馬みたいな(笑)状態だったそうです。
また、「俺たちファンクファイヤー」の、最大の見せ場(?)である、ドラマーの岸田さんのダサ雄たけび「セクシー!ファンク!ファイヤー!」が、どうやらロンドンのネイティブには通じていなかったらしく、それは、キッシーの「セクシー!ファンク!ファイヤー!」と、あの“力んだ”叫び方がいけないんじゃないか(笑)、という結論に達したことなど、爆笑シカオ・トークも炸裂しました。

ただ、シカオちゃんは、このライブの前日に行ったという永ちゃん(矢沢永吉)のライブで盛り上がり過ぎたのかなんなのか、この日は声の出が悪く、高音がほとんど出ないに等しい状態だったのが残念でした。
あと、Zeppの音環境もイマイチでした…。立地もよくないし…。
同じスタンディングなら、Hatchのほうがいいです。

と、不満はいくつかあるものの、選曲のおかげでとにかく楽しかった、今回のライブ。
今度は、最近演ってくれていない「斜陽」とか、ぜひ聴きたいところです。
そういえば、シカオちゃんの髪型が、おばちゃんパーマから普通の髪型に戻っていて、連れは喜んでいました(笑)。
私は、それを言われてから気がついたというありさま…。(笑)

| home |