fc2ブログ
 色気のある男性ボーカル
「洋楽ハードロックTOP100」のランキングを見て、どうやら私がグッとくる男性ボーカルの声質には、ある一定の法則があることに気がつきました。

スコット・ウェイランド(Stone Temple Pilots)
レイン・ステイリー(Alice In Chains)
クリス・コーネル(SoundGarden)

そう、皆さん90年代初頭にムーブメントを巻き起こした、グランジ/オルタナ系バンドのフロントマンなのでした。
当時は、グランジ/オルタナに傾倒していたわけでもなく、普通に知っている程度でしたが、こう並べてみると、実は好きなのかもしれません。
いや、でも、ニルヴァーナとパールジャムの2大グランジ・バンドは、今聴いても食指が動くことはないので、やはり、声ですね、声。

彼らの、どこか影のある、暗いエモーショナルな歌声に色気を感じます。
実際、スコット・ウェイランドとレイン・ステイリーは、見た目も暗くて性格が悪そうな感じで、ともにドラッグ問題を抱え、Youtubeの映像ブツによっては、気分が滅入るようなマイナス・オーラを発しているので、注意が必要です…。

レイン・ステイリーは結局それで死んでしまいましたが、スコット・ウェイランドは、今は克服しているようですし、クリス・コーネルは特にそれ系の問題はないようなので、二人にはこれからも活躍してほしいです。


3人の中で、一番好きなのはスコット・ウェイランド。そして、グランジ系バンドで最も好きなのはStone Temple Pilots。



グランジブームを題材にした青春映画「シングルス」のサントラに入っているナンバー。グランジ・バンドのフロント役を演じるマット・ディロンの、勘違いナルシスなまぬけキャラは、かなり笑えます。



クリス・コーネルは、ソロのパフォーマンスを見て、実はサウンドガーデンのボーカルだったことを知った口。3人の中では最も健康的な感じです。

| home |