fc2ブログ
 American Idol Season8 TOP9→8
今回のテーマは、ITunesの人気ダウンロード曲。
これは、過去のシーズンにはなかった(ですよね?)、新テーマです。
今どきソングのオンパレードになるのでしょうか?

トップバッターは、良くも悪くも“真面目”なアヌープ・デサイ。このところシリアスなバラード続きで、ランディから「弾けたパフォも見たい」とリクエストされたこともあり、さっそくアッシャーの上げ上げダンス・ナンバー「Caught Up」をチョイス。しかし、真っ向勝負でひねりゼロのアプローチは、まさに“That’s カラオケ”。今どきソングを歌うリスクの罠にまんまと引っ掛ってしまいました。
2番手は、いつの間にか名前の表記がミーガン・ジョイに変わっていた、ミーガン・ジョイ。Oh,Noooo!彼女こそ、何を歌ってもワンパターン!

3番手は、前回、ゲスト歌唱指導のスモーキー・ロビンソンの的確なアドバイスを堂々スルーしたふてぶてしい男、ダニー・ゴーキー。前回のパフォで感じた頭打ち感を本人も察知したのか、ラスカル・フラッツのバラードをすかさず投入し、会場を感動の渦へ巻き込み、見事停滞の危機を脱出。さすが、ゴキ!そんなにあっさり死ぬわけがありません。
4番手は、まともなパフォでこれといった突っ込みどころのないアリソン・イレヒタ。と思いきや、今回は、オープニングの全員集合の時から一人異彩を放ちまくりのブっ飛びファッション&ヘアに、リズムがよれよれで超下手っぴなギター弾き語り披露と、「彼女に何が起こったか?」心配になるほど突っ込みどころ満載のアイドルに変貌。ギターはどうやら2日間練習しただけだそうですが(どうりで下手っぴなわけね)、それにしても、こんな超初心者クラスの腕前でわざわざ弾き語りをしようと思う、その度胸がスゴイ…、ていうか、演奏はプロに任せようぜ!

5番手は、昨シーズンのジェイソン・カストロみたいに、人気票でTOP4まで食い込んでくるんじゃないかと気が気でないスコット・マッキンタイア。これまで彼のパフォには一度もピンとこなかったけれど、このビリー・ジョエルの「素顔のままで」は、初めていいと思える出来。とても“こなれた”感があり、おそらく昔からピアノ弾き語りで何度も歌ってきた曲ではないかと推測。
6番手は、前回、ジャッジたちから好評だったにもかかわらずまさかのボトム入りとなったマット・ジロード。今回は、今どきソングが選べるテーマにあやかり、性懲りもなくザ・フレイの「You Found Me」をチョイスした結果、案の定、コールドプレイの時と同様、ジャッジたちから不評の嵐。好きな曲と似合う曲のジレンマに陥る、かわいそうなマットG…。

7番手は、アップテンポが全然イケてないリル・ラウンズ。これ以上ボロが出ないよう、バラードで攻めたのは当然として、しかし、この辛気臭いセリーヌの曲はいったい…!選曲について検討を重ねすぎて、判断がおかしくなってしまったとか!?
8番手は、前回のパフォで竹内力に似ていることが発覚した(と思っているのは私だけかもしれないが)アダム・ランバート。今回も引き続き竹内力ヘアで、「Play That Funky Music」を例の如く完全アダム仕様に改造し、ノリノリ。それにしても、アダムのこの毒毒しさ、なんだかクセになりそうでコワい(笑)。
トリは、今一番勢いに乗っている男、クリス・アレン。古い曲のリメイクが好きと語るクリスは、「Ain’t No Sunshine」を、ストリングスを従え、初のピアノ弾き語りで披露。このパフォもいい感じだったけれど、キーボード・スタンドの高さが背が低めのクリスに合っておらず、足がつま先しかついていないのが気になって、パフォにいまいち集中できず(苦笑)。あまりに普段着で地味なファッションにも不満あり。

ということで、終わってみれば、「ITunesの人気ダウンロード曲」というくくりは、結局何でもOKってことでした。
私の落選予想は、アヌープ、ミーガン、マットのいずれかで迷うところですが、
今度こそミーガン・ジョイ

結果は、ミーガン・ジョイでした。
ところで、リザルトショーでのミーガンの妙なテンションは、“変”を通り越してこわかったです…。

| home |