fc2ブログ
 明けましておめでとうございます
2009年のお正月、いかがお過ごしでしょうか?
私は、いつものごとく実家でのんびり、英気を養いました。
今年も、かなりの割合でマイノリティな個人的関心事を中心に語る、当ブログを訪問いただけると幸いですclover

さて、今年はどんな年になるのやら、知る由もありませんが、「全ては変化する」ことだけは確かです。

「Everything Must Change」
この曲は、そんな「変化」を歌った、私のとても好きな曲のひとつです。
「変化」することは、嬉しくもあり、悲しくもあり、怖くもあり、苦しくもあり、切なくもあり…。
そんな色々な思いが、この歌詞には詰まっています。

様々なアーティストがカバーしている名曲なので、Youtubeをチェックするとたくさんのバージョンが出てきますが、私がこの曲を知ったのは、オリータ・アダムスの「リズム・オブ・ライフ」というアルバムだったこともあり、やはりオリータ・アダムスのバージョンが一番ぴったりきます。

新年のあいさつを兼ねて、当ブログをご覧の皆様へ、この歌詞をお届けします。
そう、変わるといえば、本日、私の年齢に変化が…。



全ては変わる
何一つ変わらずにあるものはない
誰もが変わってゆく
誰ひとり同じではいられない

若者は老い
神秘は明かされてゆく
それが時間の掟
物事も人も変わらずにはいられない

人生の中で
確信を持てることはほんの一握り
それは、雨は空から落ちてくることや
陽の光は上から差してきて
ハミングバードが空を飛ぶことくらいのもの

冬は春へと移り変わり
傷ついた心も癒される
急にではないけれど
そう、全ては変わる




| home |