fc2ブログ
 Giovanca Live '08.10.11 2nd Stage
オランダ人のモデル兼シンガー、Giovanca(ジョヴァンカ)のライブを観に、またもやビルボード・ライブに行って来ました。

デビューアルバムのシングルカット曲「On My Way」の、とってもオシャレなビデオクリップが思わず目にとまり、興味を持ったジョヴァンカですが、生で見た彼女は、スタイルが抜群に良くて綺麗なのはもちろんのこと、しっかり才能もあり、なによりとても感じがよくて、本当に素敵な女性でした!

それにしても、モデル・クラスのルックスともなればステージ映えが半端じゃなく、彼女の身のこなしはいちいち絵になるし、洗練されたファッション・センスもさすがで(なんと衣装替えもあり)、実に眺めがいいっ!
しかも、綺麗過ぎて近寄りがたい雰囲気は全くなく、育ちの良さそうな上品さとフレンドリーさを兼ね備えた、嫌みのない美しさで、とってもいい感じ。
さらに、日本人の観客に伝わるよう、MCはゆっくり聞き取り易いように話す気配り、そして、7歳の時に学校で習ったという日本の童謡まで披露してくれる大サービスぶりで、こんなに全てを備えた素敵な女性がいていいんでしょうか、って感じです。
そうそう、童謡は「かえるの合唱」と、もう1曲演ってくれたのですが、あぁ、題名忘れた…。
そして、こんなにオシャレなアレンジの「かえるの合唱」を聴いたのは初めて(笑)。

そんな日本の童謡もすっかりオシャレに変身させるジョヴァンカのオシャレ・サウンドですが、彼女を支えるバンド・メンバーが、これまた腕利き揃いで、実に素晴らしいGroove&洗練サウンドを聴かせてくれて、大いに満足!
ドラマー、よかったですね~。特に、彼のシンバル・テクニックは大いに勉強になりました。
おそらく、彼らも皆さんオランダ人だと思いますが、オランダのミュージシャンは、とってもハイレベルです。

さらに今回は、特別ゲストとして、彼女のプロデュースを手がけ、自らもアーティスト活動をしているベニー・シングスも登場し、2曲ほど披露。
そして、アンコールのラストは、ジョヴァンカとベニーの豪華コラボレーションで締めくくり。
実は、ベニー・シングスはこのステージで初めて知りましたが、背が小さくてクマ系の髭面にメガネでメタボなお腹と、いかにもnerdな風貌で、方やモデル、方やnerdな二人のツーショットは、何ともいえず面白い構図でした。
ルックスは冴えないベニーですが(でも、そこはかとない愛嬌あり)、アーティストとしての才能、プロデューサーとしての才能には卓越したものがあり、彼の関連作品は要チェックです。

ということで、想像以上に素晴らしかったジョヴァンカのライブ。
私はカジュアルシートで観ましたが、これで5000円は、かなりお得!
また来日したときは、ぜひ観にいきたいと思います。


写真をつなぎ合わせた、面白いビジュアル、そしてオシャレなPV

| home |