fc2ブログ
 Interstate Love Song

90年代初頭に一大ムーブメントを巻き起こした、グランジ・ロック。
こちらは、その主要バンドのひとつ、Stone Temple Pilots(STP)のベストアルバムです。

グランジ全盛期、私はSTPが好きで、彼らの1stアルバムをよく聴いていました。
その後、私の中からいつの間にかフェイドアウトしていましたが、先日たまたま「Interstate Love Song」を耳にして、突如STP熱が復活!
さっそくこの曲が入っている彼らのベストアルバムを買いに走り、1stも聴き直したりして、今、人知れず盛り上がっている最中なのです。

さて、STPの魅力といえば、なんといってもメロディ!メロディが、とにかくいいんですよね。
さらに、そのグッとくるメロディラインを歌い上げるボーカル、スコット・ウェイランドの、ちょっとワルな、危険な香りのする声が、楽曲のよさを際立たせています。
実は彼の声、個人的に非常に好みです。この声、すごくセクシーだなと思います、はい。

また、スコット・ウェイランドのすごいところは、曲のイメージに合わせてなのか、それともその時の気分なのか分かりませんが、曲によってがらりと声質を変えているところ。
基本“ワル”な感じですが、“悪ガキ”風あり、ガキではない“ワル”あり、また、彼は顔も明らかに悪役顔ですが(笑)、その悪役顔からは想像もつかない、とっても優しい、ソフトな歌声もありと、まさに七変化といった感じで使い分けています。
もちろん、どれも魅力的です。
YouTubeにもたくさんアップされているので、色々楽しめます。

このベストアルバムに入っている中だと、お勧めは
Interstate Love Song   STPの曲の中でも、一際好きなナンバー
Plush  STPにハマるきっかけとなった曲。こちらはアコースティックバージョンなので、スコットのセクシーなボーカルが、より一層堪能できます。
いずれも、さすがに若いです(笑)。

さて、現在スコット・ウェイランドは、元GunsN’ Rosesのメンバーと組み、Velvet Revolverのボーカルとして活躍中ですが、このVelvet Revolverも、さすが元ガンズとSTPだけあって、かっこいいですよね。
そして、彼らは近々来日するそうじゃないですか。
しかも、YouTubeを見ていたら、彼らのライブではSTPの曲やガンズの曲も演っているらしい。きゃ~、ちょっと行きたいかも。
しかし、会場は…、またZEPPかよ。だからZEPPは遠いっちゅうの。

| home |