FC2ブログ
 American Idol Season6 TOP4→3
今回のテーマは、バリー・ギブ(ビージーズ)。
ここからは、1人2曲ずつ披露します!

しかしなぁ…。
今回は、曲はよかったのですが(特にメリンダの1曲目「Love You Inside Out」やブレイクの1曲目「You Should Be Dancing」は個人的に大好きな曲)、でも、パフォーマンスはどれも「可もなく不可もなく」って感じで、面白くなかったですね。
やはり、ビージーズの曲は、あのきれいなコーラスワークとファルセット・ヴォイスあってこそ、ステキなのでしょうか。
今回の選曲、全てを知っているわけではありませんが、原曲のほうが断然いいですね。

それに、そろそろ皆頭打ち状態なのか、パフォーマンスが代わり映えせず、ちょっと飽きてきちゃいました…(苦笑)。
特に、これまで圧倒的にリードしていたメリンダのマンネリ化が、ここへきて顕著になってきたのが気になります。
なんだか、彼女のアプローチはいつも一緒だな、というのが分かってきたのですよね。
確かに歌は本当に上手いんだけど、視聴者に飽きられてしまっては、さすがのメリンダもいきなり落選(!)なんてことにもなりかねません。

同じく、“ビートボックス”ブレイクも鮮度が落ちた感は否めないし、ラキーシャ、ジョーダンも特にどうってことなかったし…。
あえて言うなら、ジョーダンの1曲目とブレイクの2曲目が、よかったでしょうか。(えらそうっ(笑))

ということで、誰が落ちてもおかしくない、今回のバリー・ギブ対決。
落選者は、ラキーシャ・ジョーンズでした。
お別れパフォの前に流れる、落選者のこれまでの軌跡をまとめたVTRを見ると、ラキーシャは最初の頃のほうがいい感じでしたね。
回を追うごとに、勢いがなくなってきました。

しかし、TOP4まで来たというのに、いまいちパッとしなかった今回。
思えば去年のTOP4の時のエルヴィス特集は、ごひいきエリオットの活躍やキャサリンのやり過ぎパフォなど(笑)、大いに盛り上がったよなぁ。。。(しみじみ)

| home |