fc2ブログ
 American Idol Season6 TOP7→6
今回のテーマは、カントリー・ミュージック。
アメリカン・アイドル定番の課題です。

サンジャイヤ落選のニュースを知ってからというもの、今か今かと待ち構えていたわけですが(笑)、今回だったのですね~。衣装を見て分かっちゃいました。

しかし、今回は、番組の雰囲気がなんだかピリピリしていませんでした?
ジャッジとライアンのやりとりに、いつものような軽快さがなく、特にサイモンの辛口コメントにライアンが真剣に抗議(?)していたのが気になりました。
バージニア工科大学の銃乱射事件とタイミングが重なっていたようで、それが何かしら影響していたのでしょうか?

そんな微妙に重い空気のためか、ジャッジたちの辛口コメントがいつも以上にグサッとくる感じだった今回、中でもニセ・ジャスティンはかなりの言われようで、思わず涙目になっていましたね(苦笑)。
彼はバージニア工科大学の事件についてコメントしていましたが、私は、あの涙目はジャッジにけなされたことに傷ついたからでは?と踏んでいます。
前から指摘されていた“鼻声”について「鼻にかかった声は、歌唱法なんだ」と、たまらず反論していた姿も、ちょっと痛々しかったし…。
一方、同じく酷評されたラキーシャは、いい訳せずに気丈に乗り切り(でも、あまりいい態度ではなかったけれど)、この二人の対照的なリアクションが、個人的には一番面白かったかも(笑)。

また、ブレイク・ルイスは、苦手な科目は「オレ流アレンジ」でごまかす(?)奥の手をまたしても使い、彼一人だけカントリーじゃなくなっていましたね(笑)。

メリンダは、前回の120%おばちゃんルック(パーセンテージが上がってる?)とはうって変わって、洗練された雰囲気でよかったのではないでしょうか。
今後もあのメイクとヘアスタイルでいくべき!

ということで、今回の落選者は、サンジャイヤ・マラカーでした。
本人はあまり気に入っていないようですが、髪の毛は今の長さのほうがかわいいっ!
そして、ボトム3にはブレイクが入っていましたね。
奥の手は、視聴者には認めてもらえなかったもよう(笑)。
しかし、なにかと注目されていたサンジャイヤが去ることになり、今シーズンはますます地味~になりそうな予感。
そりゃ、特番でもしないと盛り上がらないわ。
って、そいいう理由ではないのでしょうが、次回は特別番組のようですね。

| home |