fc2ブログ
 American Idol TOP3→TOP2
アメリカン・アイドルもいよいよ大詰め、準決勝です!
準決勝のお題は、3つ。
1.超大物プロデューサー、クライブ・デイビスが選んだ曲
2.ジャッジが選んだ曲
3.候補者自身が選んだ曲
またまた、一筋縄ではいかないテーマです、これは。

さて、ここまで、茨の道ながらも何とか勝ち残ってきたエリオットですが、彼が決勝に進むためには、今回の課題が何であろうと、とにかく全てベスト・パフォーマンスでキメることが必須条件です。
とっても厳しいですが、しかし、彼は、それができる男! 
なので、今回も大いに期待しつつ、観戦に臨んだ私でしたが・・・。
何と!この正念場に及んで、エリオットは、思わぬ不運にみまわれることに・・・・・!!!

それは、選曲。

まず1曲目。
クライブ・デイビスがエリオットに命じた曲は、ジャーニーの「Open Arms」。
Soulな彼にもロックが歌えることを証明するためとか何とか言って、この曲を持ってきたクライブですが、別に私は、いや、ファンは、エリオットにロックなんか望んでいないし~、ていうか、Soulなエリオットが大好きなんですけど~っ。
それなのに、なぜ?WHY?
彼は、持ち前の技量で何とかこなしたものの、やはり、これまでの彼のベストと言えるパフォーマンスと比べると、どうしても魅力に欠ける感は否めず。
それに、不得手ジャンル&またもやトップバッターというプレッシャーからか、何だかいつもより緊張していた様子だったのも心配・・・。

そして2曲目は、ポーラが選んだ曲にトライ。
また、よりによって、ポーラの選曲とは!!
それを聞いた瞬間「おいおい、大丈夫かよ~???」と、かなりの不安に襲われましたが、曲は、ボビー・コールドウェルの「What You Won’t Do For Love」だったので、これなら、個人的にも大好きだし、エリオットにも合うはずと、一安心。
しかし、確かに彼は、いい感じにキメたものの、いかんせんこの曲が、構成的にあまり抑揚のない、いわゆる“見せ場”に欠ける曲調だったため、またもやベストと言うには物足りない結果に・・・(汗)。
嗚呼嗚呼嗚呼、ポーラ、ポーラ、ポーラ・・・、やってくれたわねーっ。
もしエリオットの曲をランディが選んでいたら、きっと、もっと魅せられる曲を見繕ってくれたはず、と思うと、何だか悔しいっ。
そして、2曲目のエリオットも、まだどこか緊張が解けていない様子で、それもかなり気になるところ・・・。

で、最後の3曲目。
さすがにこれは本人の選曲だし、この期に及んで選曲ミスはありえないはず。
で、エリオットが選んだのは、レイ・チャールズの「I Believe To My Soul」の、お得意ダニー・ハサウェイ・バージョン。
しかし、本来の彼なら、この曲でガツンといわせてくれるはずなのですが、なぜか今回は1曲目からずっと緊張している様子がうかがえ、そのため、これも何だか不完全燃焼に終わってしまった感じ・・・。
ああぁ、自滅・・・・・。

ということで、3曲ともベストならず、ベター止まりで終わってしまったエリオットは、かなりやばい状況に。
もうこうなったら、ライバルたちの大失敗に賭けるしかありません!

そして、私の矛先はキャサリンヘ。
前回は、「アメリカン・アイドルになるためなら、何だってやるわっ!」と言わんばかりの、体当たりパフォーマンスを見せ、その、野心が裏目に出まくったパフォーマンスは、すっかりコメディと化し、それはある意味よかったのですが(笑)、今回もまたそれをやらかしてしまうと、さすがにもう後がないのは確実。
エリオットのために「あのToo Muchをもう一度~」と、心から願いましたが、悔しいかな、その思いは届かず。
今回のキャサリンは、調子がいい時の彼女に戻っており、好みかどうかは別として、全体的に、なかなかやるな、と思わせるパフォーマンスでした。

一方、もう一人のライバル、テイラーは、まさに鉄壁で、まったく付け入る隙を与えない完璧な出来栄え。
しかも、準決勝というプレッシャーに押しつぶされるどころか、それを楽しんでしまえるキャラも持ち合わせているツワモノです。
唯一文句をいうならば、「Try A Little Tenderness」のバックのアレンジが、どうもいまいちだったことくらいか。
オーティス・レディングのバージョンでいったほうが、テイラーの魅力がより引き立つと思うのに、何であんな、妙に凝ったアレンジにしたのでしょうか??バンマスの趣味??

と、そんなこんなで、すっかり長くなりましたが、今回の勝負は、どうやらエリオットの負けになりそうな気がします。
でも、彼の選曲がもっとよかったら、きっと違った結果になっていただろうに、と思うと、残念でしょうがないのですが・・・。

とにかく覚悟を決めて、結果発表に臨まないといけません。

ということで、気になる投票結果は・・・、後ほどアップします。

| home |