fc2ブログ
 American Idol TOP6→TOP5
今回のお題は、Classic Love Song.

いまいちよくわからないテーマですが、実質は「ラブ・バラード特集」といった感じ。
ゲストは、またまたビッグな “スーパーオペラ歌手”アンドレア・ボチェッリ&“スーパープロデューサー”デビッド・フォスターのお2人。
それにしても、アンドレア・ボチェッリ、すごい美声です。

さて、今回のハイライトは、何といってもMy Favoriteエリオットの「A Song For You」に尽きます!!!
いやはや、この大舞台で、いつかこれを披露してくれるだろうとずっと期待して待っていましたが、ついについに、やってくれました!!

思えば、彼が地方予選でこの曲を歌っていたのをチラッと聴いたとき「まるでダニー・ハサウェイみたいにすごい!」と、すっかり感動し、その「チラッ」だけで彼の虜になってしまったわけですが、彼にとってもこの曲は、ここまで来るきっかけになった曲ということで、相当思い入れがあり、また、ダニー・ハサウェイは彼の一番好きなアーティストだそう(やっぱり!!)。

そして、彼の「A Song For You」は、デビッド・フォスターの「スパルタ指導!」のおかげもあり、ダニー・ハサウェイのものまねではなく、紛れもなくエリオット・ヤミンの、そして間違いなく彼のベストの、それは素晴らしいパフォーマンスでした!
ジャッジの1人、ポーラ・アブドゥールは、感動のあまり泣いていましたね。
そのポーラに、エリオットが「泣かせてみたかったんだ」と言っていましたが、自分の歌を聴いて観客が涙する、というのは、シンガーなら誰しも抱く野望(?)なのでしょうか。
そういえば私の参加しているバンド「Smile・・・」のボーカル、Jackeyさんも、そんなことを言っていたような、言わないような・・・。

今回は、エリオットの「A Song For You」に圧倒されて、それ以外のパフォーマンスはどうでもよくなってしまった私です。

さて、投票結果ですが、さすがに今回は、あんなすごいパフォーマンスだったのだから、エリオットが落選するわけがないと確信していたので、あまりハラハラはしませんでした。

が、結果はまたしても、想定外なことに、なんとケリー!!
まぢで~???
彼女は、パフォーマンスの良し悪しに関係なく票が取れる人気者だったはずなので、前回に負けず劣らずのバッド・パフォーマンスだった今回も、落選はないと思っていましたが、意外や意外!これまでまったく危なげない感じだっただけに、それはあっけない幕切れでした。
なんだかんだ言いながら、毎回何かとお騒がせだったケリーが去ってしまうと、ちょっとさびしいかも・・・。

しかしこうなると、まだ一度もボトム3orボトム2を経験していないテイラーも、今後あっさりいってしまう可能性は大いにあり、ってことですね。

ところで、テイラーといえば、最近見るたびに巨大化していっているのが気になります。
そして、クリスもちょっと太った?
逆にエリオットは、どんどんかっこよくなっています。

| home |