ビバ!ベース

タワーレコードにCDを買いに行ったら、JAZZ系新譜のコーナーにマーカス・ミラーのニュー・アルバムがババーンと出ていたので、どれどれ、と思い試聴してみました。
マーカス・ミラーといえば超有名なベーシストですが、ソロ・アルバムって聴いたことがなかったので、どんなのかと思いきや、いきなりものすごいベース・ソロで曲が始まり、その後もずっとベース・ソロ!あまりの「ベース大フィーチャー」ぶりにびっくりして、すぐにヘッドフォンを置いてしまいました。
ベーシストのソロ・アルバムなんだから、当たり前っちゃあ当たり前なのですが、まさかここまで「ベースベース」しているとは・・・。
ドラマーのソロ・アルバムは何枚か持っているのですが、こんなあからさまに「ビバ!ドラム」って感じじゃないのですよね。(って、これも人によるとは思いますが、少なくとも私が持っているアルバムはそうです。)中には「もっと派手なドラム・ソロがあってもいいのでは?」とグルーヴ重視派の私でも物足りなく感じるくらい何もしてないシンプルなものもあります。
マーカス・ミラーの「俺様」全開っぷりにはほんと驚きましたが、きっとファンにはたまらないのでしょうね~。

| home |