FC2ブログ
 クレイジー・リッチ!


シンガポールを舞台に、オール・アジア系キャストで描くハリウッド産・ラブコメディ「クレイジー・リッチ!」を観ました。

ニューヨーク大学で教授として教鞭を執るキャリア女子、レイチェルは、恋人ニックから親友の結婚式に一緒に来てほしいと誘われ、ニックの故郷シンガポールへ向かうも、なんと、彼はシンガポールで超リッチなセレブの御曹司だった!
身分の違いをあからさまにマウンティングする周りのセレブ女子や、息子の彼女に由緒正しくない一般ピーポーは受け入れられないと、あの手この手で拒否するニックの母親など、厳しい試練に立ち向かうレイチェルの恋の行方はいかに!?

それにつけても、レイチェルは、ニックは家のことを話したがらないからシンガポールに行くまで超セレブとは知らなかったという展開は、今のご時世、本人がしゃべらなくてもそこまでの大物であればどこからか何かしら情報が入ってくるだろうにと思ったのが、この映画の一番のツッコミどころでした。
しかし、レイチェルが恋人の素性を知らなかったという設定がないと、話はそもそも成り立たず…、そんな作品の根本的なところに疑問を持ってしまったことと、ストーリーが最後まで王道のラブコメで、大どんでん返しがある風な宣伝文句の割には何のひねりもなかったところが、前評判ほどは楽しめなかったです。

この作品には、イギリスのTVドラマ「HUMANS(ヒューマンズ)」で、私の超推し俳優コリン・モーガンと共演しているジェンマ・チェンがニックの従妹役で出演しており、一人異次元のビューティーでスクリーンを圧巻、綺麗な役どころとはいえ、あまりの美しさに、主役のコンスタンス・ウーよりも誰よりも印象に残りました。

一方、ニックの母親役のミシェル・ヨーは、少し見ない間に(と言いつつ、だいぶ経っていると思いますが)、老けていました。
体を張ってアクションしていたイメージが強いだけに、年を取った感がどうしても…。

印象に残るといえば、サウンドトラックが、中華な音楽をジャジーにアレンジしたり、英語のナンバーを中華テイストでカバーしたりと、センスが良いです。
確かパーティのシーンで、バンドがテレサ・テンのナンバーをジャジーに歌っていたのが特に気に入りましたが、曲名が思い出せず…。
そして、この作品のテーマソング的な役割を果たしている、ビートルズが歌っていた「Money」という曲をCheryl・Kというアーティストがカバーしたナンバーは、Cheryl・Kの力強い歌声が、主人公のレイチェルをはじめ、登場する女性陣の逞しいキャラととてもマッチしています。

私には一生縁がないと思いますが、飛行機のファーストクラスには、ベッドが付いていることをこの映画で知りました。
ベッドで寝られるのなら、長時間のフライトも苦にならなさそうです。

お金持ちの男性が選ぶ女性は、ト〇ンプ大統領や、日本で最近話題のZ〇Z〇TOWN社長のように、モデルや女優といった見た目の華やかさだけを重視しがちなイメージがありますが、レイチェルの恋人ニックのように、そうではない人が現実の世界にもいることを願います。
 アナザー・カントリー


80年代のイギリス耽美映画「アナザー・カントリー」が、スターチャンネルで無料放送されるとのニュースに、この映画を観た当時の自分の熱狂ぶりが蘇り、思わずリアルタイム視聴しました。

30年以上も前の作品なので(しかし、そんなに時が経っているとは……)、話の内容は忘却の彼方へ消え去り、主演のルパート・エヴェレットがただただ美しかったことと、ルパートと恋に落ちる青年役のケイリー・エルウィスに一番ハマったという記憶しか残っていませんでしたが、数十年経った今、改めて観ると、当時はそそられなかったコリン・ファースに一番目が行き、一番夢中だったケイリー・エルウィスがどうでもよくなっているという変化が。

コリン・ファースは、私の中では、年を取った今のほうが魅力的で、若い頃はそこまでではなかったのですが、いやいや、若い頃も美青年ではないですか!
当時は、ブロンドで顔が綺麗な分かりやすい王子様系が好きだったので気づきませんでした…。
そしてなにより、演技が上手い!
この作品は、ガイ(ルパート)とジェームス(ケイリー)の同性愛よりも、ガイとジャド(コリン)の友情関係のほうに重きを置いているのも改めて気づいた点で、コリンは、共産主義にどんどん傾倒していく、ひねくれ者の役どころをクールに演じていて、今も第一線でバリバリ活躍している背景には、この確かな演技力があるからではないかと思った次第。

そして、ガイがジャドに言い放った、衝撃の告白、
「I am never going to love women!」
こんなセリフがあったこともすっかり忘れていましたが、この告白を聞いて、思わず大ハマりしたイギリスのTVドラマ「Queer As Folk」での、チャーリー・ハナムのセリフ
「I’m gonna be gay forever.」
を思い出しました。
QAFのこのセリフは、アナザー・カントリーのあのセリフへのオマージュか!?

ということで、昔観た映画を、時を経て改めて観てみると、当時とはまた違った観かたが出来るものですね。
自分自身の変化や色んな発見があって楽しいです。
 Queer Eye
最近、Netflixに私好みの作品が結構揃っていることを発見し、よく観るようになりました。
一方、Huluにも加入していますが、こちらは目当ての「Humans」以外、あまり食指をそそられるものがなく…。
そのうち「Humans」シーズン3が観られるだろうからと解約せずに置いているものの、お金だけ払って放置状態というありさま。
Huluのほうが月額料金が高いのに、もったいない話です。

さて、今、Netflixでガンガン観ているのが、「クィア・アイ」。
5人のゲイ男子が、ストレートの冴えない男子を寄ってたかって大改造するリアリティ・ショーで、この番組は、昔、同じタイトルでアメリカの「Bravo」という放送局が制作していたもののリブート版。
オリジナルの「クィア・アイ」も、当時、面白くて欠かさず観ていました。
確か、当ブログにも書いていた記憶があり、辿ってみると、2006年。
あれから12年も経っているとは、時の流れは早いものです…。

番組構成はオリジナルと全く同じで、ファブ5と呼ばれる5人のゲイ男子が、ファッション担当、ヘアメイク担当、インテリア担当、フード担当、カルチャー担当と、役割ごとにそれぞれの立場からターゲットの改造を行います。

オリジナル版は、エンタメ要素が強い印象でしたが、リブート版は、ターゲットの表面的な改造にとどまらず、内面の深い部分にも入り込み、そこから広がって、ファブ5自身も過去の辛い思い出をさらけ出し、今のアメリカ社会のゲイ差別や偏見といった社会的な問題へも斬り込む展開。
さらに、ストレートの男子だけでなく、女性やトランスジェンダーも取り上げ、進化しています。

オリジナルは、カルチャー担当の影が薄くて(名前が思い出せない…、ルックスは一番かわいかったのですが)、当時、この番組をパロディにしたコントで、カルチャー担当のテロップ紹介が「USELESS」だったのが大ウケでしたが、リブート版では、カルチャー担当のカラムは、むしろ活躍しています。

フード担当のアントニは、ファブ5の中で一番ゲイっぽく見えないかわいいルックスで、いつも「簡単に作れる料理を教えるよ」と言いつつ、材料が一般的でなかったり、工程が結構多かったり、あまり簡単に思えないのが気になります。
アボカドの種を上手に取る方法(アボカドを半分に切り、半分だけ露わになった種に包丁をブスッと刺して引っ張る)は確かに簡単で、さっそく実践して役立っていますが、その他はちょっと…。

「クィア・アイ」、毎回、笑いあり涙ありで、見出すと止まらなくなる面白さです。
 はじまりのうた ~Begin Again~


以前、友人に教えてもらった映画「はじまりのうた(Begin Again)」、しかし「Begin Again」というと、東方神起の活動再開ライブツアーのタイトルと同じで、そっちのほうが頭に浮かんでしょうがないのですが…、それはさておき、そのサントラがとてもよかったので、購入とともに、映画もNetflixにあったので観てみました。

失恋して失意のどん底の、まだ日の目を見ないシンガーソングライター、グレタ(キーラ・ナイトレイ)と、過去の輝かしい栄光は何処へ…、今やすっかり落ち目の音楽プロデューサー、ダン(マーク・ラファロ)、二人の偶然の出会いから、一緒に音楽をやっていくうちに、お互いの行き詰った人生が変わり始め、再び輝きを取り戻す様を描いた音楽映画。

人生を変えるほどの力を持つ「音楽」の素晴らしさ、魅力がよく描かれていて、中でも、人知れず部屋に籠ってギターを弾いている、心を閉ざし気味のダンの娘が、ギターが弾けるのならと、NYの色んな場所でゲリラ的にレコーディングをしているグレタとダンのレコーディングに誘われ、最初は、バンドに交じってもためらいがちでぎこちない演奏だったのが、段々とアンサンブルの楽しさに目覚め、最後は嬉々としてギターを奏でているシーンは、一番心に刺さりました。

この作品の監督ジョン・カーニーは、アイルランド出身で、ウィキペディアによると、昔バンドでベースを担当していたそう。
音楽映画が得意なのは、何より監督自身が音楽好きだからなのかなと。
そして、アイルランドの音楽映画といえば「The Commitments」が今でも忘れられませんが、「Begin Again」しかり、アイルランドは音楽映画に優れているのは間違いなさそう。

主演のキーラ・ナイトレイの歌声も注目で、ウィスパー・ヴォイスとキュートなルックスが相まって、とにかくかわいい!
しかし、キーラは意外にも歯並びが悪かった…!
ハリウッドで活躍するような俳優は、皆さん歯を完璧に整えているかと思いきや、そうでない人もいるようです。

グレタの元カレ役は、マルーン5のフロント、アダム・レヴィーンで、挿入歌が昔のマルーン5っぽいサウンドなのがグッド!
アダムは今でも必要とあらばこういう曲が書けるのかと思いきや、曲を作っているのは違う人と判明し、納得。

「カープール・カラオケ」という、車の中にゲストを招き、ドライブしながらゲストにまつわる歌を歌いまくる人気トークショーのホスト、ジェームズ・コーデンが、グレタの友だちのミュージシャン役で登場しているのもナイスな配役。

マーク・ラファロは、いぶし銀の中年俳優で、わりと好き系なのですが、この作品のマークはむさ苦しい雰囲気が強すぎて、もうちょっと小ざっぱり感がほしかったところ。

機会があれば、ジョン・カーニー監督の、この作品よりも有名な「ONCE ダブリンの街角で」も観てみたいです。
 コリン・モーガン出演映画 まとめ鑑賞
ロンドンまで押しかけて、生コリン・モーガンを拝み尽くして以来、コリンロスが半端ない今日この頃。
この週末は、コリンが出演している映画で未見のものをまとめて観ました。

世界的に人気を博し、日本でも放送されていた(といっても、私自身、当時は全くスルーで知りませんでしたが)TVシリーズ「魔術師マーリン」(2008年~2012年)で、堂々の主役マーリンを5シーズンに渡って演じきったコリンですが、一方で、映画の出演作はインディペンデント系がほとんど。
日本公開はおろかDVDにもなっていないレア作品もあり、しかし、今はYoutubeのおかげで、入手困難な作品もネットで観ることが出来る時代。
そんなレア作品中心のラインナップです。

■Island(2011年の作品)
Youtubeで鑑賞。
人里離れた、どんよりと重々しい空気漂う謎の島にやってきた謎の主人公の女子が、とある家に居候し、そこの女主人とその息子(コリン)と生活を共にするにつれ、次第に明らかになる彼らの過去、衝撃の真実、そして巻き起こる悲劇!

この作品のキーは「近親相姦」で、確かに重いテーマではあるものの、しかし、ここまで暗く描く必要があるのか?
映像も終始暗くて、PCモニタの反射のせいで絶えず見辛い&特に真っ暗なシーンは何も見えず…。
さらに、見終わった後は、そのネガティブ過ぎるオーラにやられたのか、なぜか急に気分が悪くなり…。

コリン演じる息子、カラムは、浮世離れした不思議ちゃんぽいキャラで、その役作りとして、地声とはかなり違う高いトーンの発声で、本当にコリンの声かと疑うほどの声色を作って演じています。
他の作品でもそうですが、コリンは役柄に合わせて声色までしっかり作り込むのが特徴で、この作品でもその実力が遺憾なく発揮されています。

とはいえ、最後まで観るだけでもしんどいこの作品。
ここまで救いようのない暗い作品は、ある意味貴重かも。
※あえてYoutube埋め込みせず


■The laughing king(2015年の作品)


Youtubeで鑑賞。
人生に絶望した主人公の青年、ジェイク(コリン)が、自殺しようと海に入っていく途中、女子の叫び声とともに海辺で一人の女子が複数の不良男子に絡まれているのを発見、思わず助けに陸に戻り、それを機に自殺を思いとどまり、人生をやり直そうとするお話。

主人公にいったい何があったのかはよく分かりませんが、自殺という、またしても重いテーマの暗い役どころ!
この作品はショートムービーで、15分程度で終わるので大丈夫でしたが、1時間半もあったらいったいどうなっていたことか。

ところで、コリン出演作を観ていると、大抵、肉体的に痛めつけられるシーンがどこかに入っていて、この作品でも、不良男子たちに絡まれている女子を助けに行って、彼らにボコボコに殴られるシーンがあります。
私は、暴力シーンは基本的に苦手ですが、コリンの場合は別で、痛めつけられて悶え苦しむ姿にむしろ萌えます。

私なりの分析では、コリンは、一見華奢で儚げな雰囲気ゆえに、すぐにやられるかと思いきや、苦しみながらも意外とタフで、そう簡単にはへこたれない芯の強さがあり、身悶えうつろな瞳をしながらも、その奥に宿る魂の高潔が、美しく強力なフェロモンを放っているのだと思います。
演出陣も、コリンのその魅力をわかっているがゆえに、ついつい殴られシーンを入れてしまうのではないかと!?

この作品では、捲くし上げたジーパンの裾から、コリンの筋張った細くて綺麗な足首が拝めるのもポイント。
しかし、暗い作品には間違いなく、どうしてコリンはこんな暗い作品ばかり選んでしまうのか?
特に映画は、今のところ、暗いかシリアスかどちらかしかないという、その理由が知りたいところです。


■スノーホワイト/氷の王国(2016年の作品)


Netflixで鑑賞。
白雪姫の住む王国を支配していた邪悪な女王ラヴェンナ、その妹フレイヤ、フレイヤに仕えていたハンター、エリックを中心に描いたダークファンタジー。

珍しく、大金を掛けたハリウッド大作に出演。
主演陣も、シャーリーズ・セロン、エイミー・ブラント、クリス・ヘムズワースと豪華です。
コリンは、フレイヤの愛人役で、開始早々フレイヤを裏切り、フレイヤの魔法で殺されてしまうという役どころ。
この段階で殺されたら、その後は出演することはないだろうと、内容的にも合わない感じだったので最後まで観ていません。

それにつけても、こんなチョイ役をなぜコリンが務めなければならないのか?
全くもって不思議で仕方がない作品。

Netflixは「魔術師マーリン」見たさで加入し、それしか利用目的がなかったのですが、今回、この作品を観たことで利用価値が広がったのはよかったです。
 EYEWITNESS/目撃者
毎週金曜夜10時、スーパー!ドラマTVで放送中の「EYEWITNESS/目撃者」が、あまりに面白過ぎて、あきれるぐらいにハマっています。

ニューヨーク州の田舎町ティボリを舞台に、殺人事件を目撃してしまった高校生ゲイカップルの恋愛ストーリーと、その事件を機に次々と起こる謎の連続殺人事件の二つの物語が、同時進行で複雑に絡み合いながらスリリングに展開。
恋の行方、親子の愛、同性愛差別、ドラッグ、殺人犯の異常な性癖などなど、毎回色んなドラマが散りばめられ、いったい最後はどうなるのか!?目が離せません!

中でも夢中なのは、高校生ゲイカップル、フィリップ&ルーカスの恋愛ストーリー。
このドラマのおかげで、私の中の腐女子魂がすっかり再燃、次の回まで待ちきれず、アメリカのiTunesでこのドラマを一括ダウンロード購入!
2人のラブストーリーの部分のみ、先に最後まで観て、なおかつリピってます(笑)。

とにかく、フィリップ役の俳優タイラー・ヤングとルーカス役の俳優ジェームズ・パクストンのマッチングが素晴らしい!
この二人を選んだキャスティング・ディレクターに拍手です。
二人の演技もとても上手くて、切なかったりラブラブだったり、胸がキュンキュンしまくりです!

スーパー!ドラマTVは、「OZ」という、これまた名作ゲイドラマを過去に放送していましたが、またまた素晴らしいドラマを買い付けてきたものです。
「Queer As Folk」、「OZ」、そして「EYEWITNESS」、私の選ぶ3大ゲイドラマです。
 キング・アーサー


マイ・フェイヴァリット俳優、チャーリー・ハナム主演のファンタジー・アクション映画「キング・アーサー」を観ました。
監督は、マドンナの元ダンナ、ガイ・リッチー。
アーサーがキングになる話を(ストーリー解説が雑すぎ?!)、最新映像技術を駆使したド迫力映像で描いています。

今回、たまたま観るのに都合のよい時間帯が、4DXという体感型アトラクションシアターシステムでの上映しかなかったので、なんだかよく分からないまま4DXを初体験しました。

4DXは、3Dの立体映像にプラスして、映像に合わせて、例えば、馬に乗っているシーンでは馬に乗っているかのように椅子が上下に揺れ、雨が降ったり水しぶきが上がったりするシーンでは顔に水が降りかかり、弓矢が放たれるシーンでは耳元にシュッと空気が吹き付けられ、取っ組み合いのシーンでは背中をこぶしでパンチされるかのように押され、それは次から次へと色んな体感演出が施されます。
しかも、どれもこれもかなり容赦ないレベルでぶち込んできて、その強引さには、思わず笑いがこみ上げてくるほど(笑)。

そんな4DXで観たおかげで、「キング・アーサー」は楽しめました。
正直、ビジュアルだけで内容がとても薄かったので、普通の2Dだといくらチャーリーが主役でも退屈していたことでしょう。

ビジュアルといえば、この作品の出演陣は、チャーリーをはじめ、ジュード・ロウ、エリック・バナと、イケメン俳優がメインを固め、さらに、サッカーのデヴィッド・ベッカムがカメオ出演している、イケメン祭りでした。
デヴィッド・ベッカムは、顔よりもあの独特の甲高い声で気が付きましたが(笑)。
そして、チャーリーは、アーサーを演じるために9キロも体重を増やし、分厚いマッチョな肉体を作り上げたとのことで、てっきりハダカ祭りかと思いきや、始めのほうにちょろっとだけでした。
期待は裏切られたものの(笑)、私は細マッチョなチャーリーが好きなので、いずれにせよこのカラダはイマイチ受け入れられません…。

この作品はイギリスが舞台なので、イギリス人俳優が多数起用されていますが、まさかエイダン・ギレンが出演していたとは、つゆ知らず。
チャーリーとエイダン・ギレンの競演は、思わぬ萌えポイントでした。
というのも、チャーリーとエイダンは、私がチャーリーにハマるきっかけとなった、ゲイ・テレビドラマの金字塔「Queer as Folk」で、激しく愛し合っていた仲!
「Queer as Folk」では、ツンデレのエイダンにチャーリーは振り回されながらも、一途に愛する姿が愛おしくてたまりませんでしたが、「キング・アーサー」では、チャーリーの手下がエイダンという設定。
二人の濃い恋愛関係が忘れられない私としては、なんとも感慨深いものがありました(笑)。

迫力の大画面3D映像でチャーリーの美しさを堪能したかったのですが、この作品は全体的に暗がりのシーンが多く、さらに泥まみれになって汚れたりと、あまり鮮明に拝めなかったのが残念。
というか、ガイ・リッチー監督は、チャーリーの美しさをないがしろにしている!
過去の作品しかり、今作しかり、ガイ・リッチーはけっこうもてはやされている監督ですが、私には彼のセンスがよく分からない感じです。

| home |