FC2ブログ
 The Freddie Mercury Tribute Concert!
新型コロナ対策のステイホームを楽しく過ごせるよう、今、Youtubeで色んな貴重映像が期間限定配信されている中、クイーンのフレディ・マーキュリー追悼コンサートがこの週末2日間限定公開!
全編(といってもある程度の編集はされていますが)観られる嬉しさで、さっそくアクセスしました。

このライブの開催はフレディが亡くなった翌年の1992年なので、今から28年前!
28年前の映像は、さすがにクイーンのメンバーも豪華ビッグ・アーティストのゲスト陣も若くて、演奏の勢いが違います!
そしてなにより、ジョン・ディーコンがいるのが嬉しい!

私がこのライブでずっと印象に残っていたのは、ジョージ・マイケルの『Somebody To Love』のパフォーマンスでしたが、他にもデヴィッド・ボウイとアニー・レノックスの『Under Pressure』、ジェイムズ・ヘットフィールド(メタリカ)の『Stone Cold Crazy』、エルトン・ジョンの『Show Must Go On』など、見ごたえ満載!
今はデヴィッド・ボウイとジョージ・マイケルもこの世にいないのが残念です。

1992年といえば、この時代まさに人気絶頂だったガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズのやんちゃ全開パフォーマンスや、エクストリーム、リサ・スタンスフィールドといった90年代の懐かしいアーティストの姿もあり、今は何をしているのだろうと思いを馳せてみたりして、クイーンの楽曲を色んなボーカリストの歌声で楽しめるだけでなく、懐かしさにも浸れるライブ映像です。
とにかく、どのゲスト・アーティストも魂のこもったパフォーマンスで、フレディへの尊敬と愛情がたっぷり詰まった、歴史に残るコンサートだと改めて思いました。

しかし、このライブもそうですが、古い映像を今見ると、デュエットする二人が顔を超接近させて歌ってみたり、1本のマイクに二人が顔を近づけてサビをハモってみたり、ソーシャル・ディスタンスが全く保たれていない場面に出くわすとハラハラします。
今までは何ら問題なかったこの手の接近パフォーマンスの演出は、今後、どんな風に変わっていくのでしょうか。
 Noughts + Crosses 繋がり


ジャック・ローワン主演のTVドラマ『Noughts + Crosses』は、ジャックくんの魅力が満載なのもさることながら、使われている音楽もセンスがよくて大注目です。

サウンドトラックは、南アフリカのアーティストの曲が多く使われているのが特長で、これまで南アのミュージック・シーンを全く知らなかった私に新たな音楽の扉を開いてくれました。

中でも、このドラマの主人公、カラムとセフィのラブシーンでバックに流れる、Bongeziwe Mabandlaの「Philakanzima」という曲がお気に入り。
南アの言語が分からないので、アーティストの名前の読み方も曲名の読み方もさっぱり分からず、当然、歌詞の内容も分かりませんが、ラブシーンに流れる曲だからラブソングであることは間違いないでしょう。

アコギと歌だけのミニマルなアレンジが切なさをより一層引き立て、バラードだけどサビの部分は微妙にリズムがハネているのがツボ。
この曲はバラードですが、南アのミュージックは基本的にリズムがカッコよくて、パーカッションがふんだんに入った太鼓フィーチャーな曲が多く、リズム好きにはたまりません。

そして、このドラマのサウンドトラックを機に、遅まきながらSpotifyに手を出しました。
今までこの手の音楽配信サービスはほとんど使ったことがなかったので、その便利さ、楽曲数の多さに驚いています。

今どきの売れ線アーティストだけではなく、昔のアーティストの曲も、知る人ぞ知るアーティストの曲もワールドワイドに揃っていて、しかもタダで聴けるとは!
おまけに、何曲か聴いたらその情報を元にSpotifyが勝手にプレイリストを作ってくれて、どうでしょう?と提供してくれるサービスもあり、楽しめます。

最近、音楽を聴く時間がめっきり減っていたのですが、『Noughts + Crosses』からの連鎖で、音楽のある生活が戻ってきました。
 Weird(ウィアード)


映画『Benjamin』が最高傑作すぎて、この週末、再レンタルしました。
日本に居ながらイギリスで公開中の最新映画が配信で観られるのはうれしい限りですが(とはいえ、ちょっとした技が必要)、DVDやiTunesなどで正式発売されるまではレンタル形式で、期間は再生開始から48時間限定なのが辛い…。

ところで、この作品の挿入歌として使われていた、Hanson(ハンソン)の『Weird』という曲がとても気に入り、せっかくなのでこの曲が入ったHansonのベストアルバムをゲットしました。
Hansonといえば、90年代後半に人気を博したアメリカの兄弟バンドで、当時のフィーバーぶりは何となく記憶にありますが、特に気に留めるでもなく、一番有名な『MMMBOP(ンー・バップ)』ぐらいしか曲は知りませんでした。

『MMMBOP(ンー・バップ)』の、若くて元気はつらつなイメージのHansonとは違い、『Weird』は、メロディラインが切なくて、歌詞の内容も、メインストリームから外れた“変わり者”の孤独とか社会への馴染めなさを歌っています。

他にも、ヴァネッサ・カールトンのヒット曲『A Thousand Miles』など、90年代後半から2000年代前半あたりの曲使いが印象的なのは、監督のサイモン・アムステルは30代後半で、この映画は20代の頃の自分が元ネタになっていると語っていたので、90年代後半から2000年代前半はまさに青春時代で、80’sが青春時代の私が80’sの曲に特別な思い入れがあるのと同じように、サイモン監督のそれは90’s後半になるのだと納得。
あぁ、ジェネレーションギャップ…。

Hansonのベストアルバムは、『Weird』以外は、今の私には曲が若すぎてちょっと…、といった感じでしたが(苦笑)、隠れた名曲が発見できてよかったです。
 Slave To The Music
クリスマス時期といえば、フィギュアスケート全日本選手権ということで、楽しみに観ています。
今年は、女子は超ハイレベルな争い、男子は高橋大輔が復帰と、どちらも目が離せない面白さです。

昨日は、女子フリーの試合にコーフンし、気が付けばすっかり下火になった(とはいえ、ちょこちょこは観ているのですが)フィギュアスケート熱が復活、その勢いで、先日、荒川静香さん主催のアイスショー「フレンズ・オン・アイス2018」完全版を録画予約していたのを思い出し、観ることに。

このショーには、過去のマイブーム、ステファン・ランビエルが出演していて、今から10年ぐらい前に(当ブログの記録から判明しました)どハマりして、愛知や静岡や埼玉に生ランビを拝みに駆け回った思い出が、懐かしく蘇ります…。
今は、ラトビアのデニス・ヴァシリエフス選手のコーチをしているステファン、何かの試合のキス&クライで久しぶりにお見かけした相変わらずのハンサムぶりにハートを揺さぶられ、密かに気になっていたのです。

そんな中、「フレンズ・オン・アイス2018」にステファン出演情報を知り、思わず録画予約しておいたわけなのですが、これはスゴイ!
ステファンの歴史に残る名プログラム「四季」を、同じく「四季」をプログラムに持つ宇野昌磨選手とコラボする、新旧スター「四季」対決あり、フェロモン満載ファンサ満載で観客総骨抜き状態のソロプログラムありと、再びランビ熱に火が付きそうな勢いです。

特に、ソロプログラムは使っている曲も私好みで、さっそく調べたらジェイムス・モリソンの「Slave To The Music」というナンバーでした。
ステファンは、選曲センスがよいところも魅力の一つで、現役時代では、ショートプログラムで使っていた「カルネ・クルーダ」という、クールに洗練されたアレンジがカッコいいタンゴ・ナンバーが特に好きで、確かドイツの演奏家グループだったと思いますが、ネットで調べてCDを入手しました。

「Slave To The Music」は、2017年のアイスショー「Art On Ice」では、ジェイムス・モリソンのライブ演奏に合わせて滑るという、これまた豪華な演出で披露していました。
ミュージシャンの生演奏とフィギュアスケーターの生滑りが同時に楽しめる「Art On Ice」は、一度は生観戦したいアイスショーです。



ジェイムス・モリソンは、名前は何となく知っていたけれど真剣に聴いたことがなかったので、さっそくアルバムを入手したいと思います。
しかし、微妙にジェイムス・モリソンとジェイムス・ブラントがごっちゃになるのですが…。
どっちもイギリスのミュージシャンで、シンガーソングライターで、名前が同じなので紛らわしいです…。
 My Favorite Album & Songs of QUEEN


映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットを受けて、クイーンの楽曲も、今売れているそうですね。
確かに、あの映画を観るとクイーンが聴きたくなるのは当然の流れでしょう!
私も何時でも聴けるようにと、クイーンのアルバムをしこしことiPodに入れ込み作業を行いました。

クイーンは、1970年代から1990年代の長きに渡りオリジナル・アルバムを出していますが、特に好きなのは、初期の70年代から80年代頭ぐらいです。
その中でも、一番好きなアルバムを上げるとしたら、1978年の「JAZZ」でしょうか。

このアルバムの収録曲の有名どころ「Fat Bottomed Girls」「Bicycle Race」「Don’t Stop Me Now」はもちろん、のっけからフレディの神がかったアカペラ「イ~~~~ブラヒィ~~~~ム」で度肝を抜かす、アラビア民族音楽風ロック「Mustafa」、イントロで魅せるジョン様ベースの「ブ~ン」の合いの手がしびれるハードロック「Let Me Entertain You」、雷音の後に放たれるフレディの雄たけび「You’re Dead!!!」が最高にコーフンするヘビメタ系楽曲「Dead On Time」、ロジャーが奏でるセカンドラインのファンキーなリズムにブライアンのロックなギターが絶妙に絡む「More Of That Jazz」など、とにかく多彩でいい曲揃い!

アルバム単位はまだしも、楽曲単位となると、クイーンは好きな曲が多すぎてますます選ぶのが難しいですが、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の公式サイト企画、クイーン楽曲総選挙にちなんで、私も選んでみたいと思います。
とはいえ、やはり1曲は厳しいので、ベスト3を上げると、

1位 Tie Your Mother Down
イントロのギターのリフを聴いた瞬間から大コーフン!
最初から最後まで超ノリノリで、ライブ映えする1曲!

2位 Another One Bites The Dust(地獄へ道連れ)
ベースのリフがカッコよすぎ&ロックなブライアンが奏でるディスコ・ギターの神様ナイル・ロジャース風カッティングがオシャレ!

3位 Somebody To Love
とにかく楽曲が素晴らしい&フレディのカリスマが溢れまくり!
フレディ追悼コンサートでの、ジョージ・マイケルのカバーも感動もの!

ということで、これから改めてクイーンのアルバムをじっくり聴いていきたいと思います。
 やっぱり失恋ソングが好き
ブルーノ・マーズとジョン・メイヤーが、それぞれ新譜を出しました。
どちらも期待を裏切らないハイ・クオリティな楽曲揃いで、さすが、才能あるミュージシャンは違います。

そんな秀曲の中でも、特にお気に入りのナンバーが、歌詞の和訳を見ると、奇しくも、どちらも失恋ソングで、いつまで経っても失恋ソング好きという、自分の好みの変わらなさを再確認しました(笑)。
それぞれの楽曲の二人の個性の違いも面白いです。

■Too Good To Say Goodbye


ブルーノ・マーズの新譜「24K Magic」のラスト曲。
スタイリスティックスとマイケル・ジャクソンを足して2で割ったような、華のあるバラード。
メロディラインとコーラスワークがきれいです。
ブルーノ・マーズの、ハイトーンで声を張り上げる系の歌い方は、聴いていてちょっとしんどい時もあり、疲れている時には聴かないようにしているのですが(笑)、高音を全力で歌い上げるバラードは、カラオケにはもってこい。
で、DAMにさっそくこの曲が入っているのを確認し、先日、ひとりカラオケで歌ってみたのですが、あまりにキーが高すぎて…!
♭を2回押して、やっとOK、みたいな…。
この日は、まだうろ覚えだったこともあり、歌ってスッキリどころか不完全燃焼極まりなかったので、次回、リベンジしたいと思います(笑)。

■Moving On and Getting Over


ジョン・メイヤーの新譜「The Search For Everything ~Wave One~」の1曲目。
前作や前々作は、カントリーミュージック色が濃かったジョン・メイヤーですが、新譜は、大人ロック、大人ポップス路線で、聴いていてとても心地いいです。
新譜は、どうやら小出しにする戦略のようで、4曲しか入っていません。
最近、Wave Two(これまた4曲入り)が出たので、こちらも迷わず購入。
ジョン・メイヤーは、楽曲はもちろんのこと、ギタープレイも聴きどころ満載で、今作も、ギターが冴えわたっています。
リフもいいし、ギターソロもいいし!

2曲の歌詞の内容を比較すると、ブルーノ・マーズは、喧嘩別れした彼女に未練たらたら、といった感じで、ジョン・メイヤーは、彼女と別れて結構時間が経ったけど、まだ引きずっていて、でも何とか立ち直ろうともがいている、といった感じ。
未練がましい感情は、どちらも共通するものがありますね。
 私的アルバム・オブ・ザ・イヤー 2012
去年のうちにやっておくべき企画ですが(汗)、今ごろになってふと思いついたもので…。
私が去年買った、かなり数少ない新譜の中から厳選した私的ベスト3です。


■1位

アンオーソドックス・ジュークボックス(初回限定超スペシャル・プライス盤)アンオーソドックス・ジュークボックス(初回限定超スペシャル・プライス盤)
(2012/12/12)
ブルーノ・マーズ

商品詳細を見る

Unorthodox Jukebox/ブルーノ・マーズ

ニューアルバムが出たら必ず買おうと思う、才能豊かな現在進行形アーティストがまた一人増えました。
今はなにより、ぜひライブが見たい!


■2位

東方神起 - Catch Me (韓国盤)東方神起 - Catch Me (韓国盤)
(2012/10/05)
東方神起

商品詳細を見る

Catch Me/東方神起

いわゆるSMPから、R&B、ハードロックまで、色とりどりの楽曲を取り揃え、ユノとチャンミンの魅力を余すところなく引き出すことに成功。
特に、ユノの歌唱力の進化には目を見張るものがあります。


■3位

ボーン・アンド・レイズドボーン・アンド・レイズド
(2012/06/27)
ジョン・メイヤー

商品詳細を見る

Born & Raised/ジョン・メイヤー

過去のアルバムに比べると地味な印象、と思いきや、聴けば聴くほど味が出るスルメのような作品。
人生に少し疲れたときに聴くと、胸にじぃんときて癒されます。


■同じく3位

サンケン・コンドズサンケン・コンドズ
(2012/10/17)
ドナルド・フェイゲン

商品詳細を見る

Sunken Condos/ドナルド・フェイゲン

私の朝の目覚ましミュージックは、このアルバムです。
ドナルド・フェイゲンは朝のイメージではありませんが、意外とイケます。

| home |