FC2ブログ
 難曲をフルコンボ
cowboy_.jpg

今日のような雨の日は、ゲーム日和ということで(笑)、日課になっているSUPERSTARSMTOWNをやりまくっています。
おかげで腕前は確実に上がっています。
今はHARDじゃないと、NORMALやEASYだとノーツのスピードが遅すぎて逆にタイミングが合いません。

最近は、難曲の一つ、f(x)の「COWBOY」をフルコンボし、ちょっとした感動でした。
苦節6か月?にして、ついにこの日が…!
EXOの「Ko Ko Bop」も、やっとフルコンボでき、残るは「Drop That」と「LIGHTSABER」。
SHINeeの「Ring Ding Dong」「Lucifer」、NCT127の「Cherry Bomb」など、他にもまだ難曲は残っていますが、なんとか達成したいです。

ちなみに、ここまで課金なしで地道にやり続け、格付けは、BLONZE、SILVER、GOLDを経て、今、PRATINUMⅢまで上がりました。
実は、先々週にPRATINUMⅢに上がったものの、太刀打ちできない高得点メンバーに囲まれ撃沈、15位以内に残れずPRATINUMⅡにダウン、そこで2位通過し、PRATINUMⅢに再浮上しました。
さすがにここまでくると、そう簡単には上に上がれません。
今週は、カード強化キャンペーンで強化確率2倍、消費リズムポイント半減なので、特に頑張りどころです。

音ゲーマーは、親指派と人差し指派に分かれるそうですが、私は人差し指派です。
人差し指音ゲーマーとして、それなりのキャリアを積んだ今、私なりの音ゲーのコツを挙げると

■人差し指派は、スマホよりiPadなど、画面大きめのタブレットがやりやすい
以前はiPhoneでやっていたのですが、実家にあるiPad miniでやってみたら、ビックリするほどやりやすくて、そのままかっぱらってきました(笑)。
画面が大きいと、ノーツの見えやすさ、タッチ、スライドのしやすさが全然違います。

■必ず角度を付け、滑り止めを使用する

IMG_0012_.jpg

平置きはやりにくいので、少し角度をつけます。
タップやスライドの動作で本体が動くので、滑り止めシートを使い、しっかりと本体を固定させます。

■音はイヤホンで聴く
本体スピーカーから流すと、音が悪い上に、画面をタップする音も聞こえ、音楽とタップ音が微妙にズレていたりするので、そうすると余計やりにくくなります。
音ゲーは、音楽をとても集中して聴くので、安物のイヤホンより、音質の良い高級イヤホンをおススメします。
音が良いと、それだけで楽しいし、ボーカルの上手さや、楽曲の色んな細かい作り込みに感心します。

ということで、そろそろゲームに戻ります(笑)。
 チャミペン 上位独占!
sssmt.png

連日連夜、鬼のようにプレイしている(笑)音ゲー、SUPERSTAR SMTOWN。
このゲームは、1週間単位で同じグループのプレイヤー同士が得点を競い合い、ランキングを争う仕組みになっているのですが、なんと、トップ3をチャミペンが占拠という快挙達成!

ちなみに、私は3位です。
ランキングの横のエンブレムは、今週一番高得点を出した曲のアーティストのエンブレムです。
上位お二人は東方神起、私はレッドベルベットです。

色んなアーティストのファンが寄せ集まっている中、チャミペンが上位3位を占めるのは珍しいというか、初めてのことだったので、思わずスクリーンショットを取って証拠残し。
見知らぬチャミペンさんたちに、勝手に同志愛を抱いて喜んでいます(笑)。

このままの順位で終われるかどうかはかなり怪しいですが(3位の座は時機に奪われそう…)、なんとかがむばります。
 行き詰まり…
SUPERSTAR SMTOWNをプレイするのに忙しくて、ブログを更新する暇がありません(笑)。
ちなみに、ゲームのほうは、連日連夜、修行のようにやりまくっているおかげで、週を重ねるごとに自分の格付けがアップ!
先週は、同じリーグのプレイヤーと抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げ、最終2位を死守、ネクスト・ステージ、シルバーⅢに上がりました。

このリーグで5位以内に入れば次はゴールドに上がれるのですが、しかし、ここへ来て、ついに無課金プレイヤーとしての限界が…。
周りのプレイヤーの手持ちのカードが強すぎて、太刀打ちできない…。
もう5位以内は99.9%不可能な状況です…。

ということで、これからは、リズムポイントを稼ぐために高得点が出せる曲ばかりを何千回もプレイすることは止めて(笑)、星3つ(ノーミス)の曲を増やすことに精を出すとか、マイペースに楽しみたいと思います。

どうやらこのアプリは、本家の韓国版はとてもたくさん曲が入っているみたいなのですが、日本版ももっと曲を増やしてほしいです。
でないと、さすがに飽きるかと…。



SUPER JUNIORの「Mr.Simple」日本語版の歌詞が面白いことを、このゲームで発見しました。
“思い通りに世界は動かないさ そうじゃないか ”
“占いにばっかり未来を決められるな 従うなよ”
と、終始、タメ口の命令口調、そして、
“いつだってはみ出したい”
がツボ(笑)。
ユーモラスだけど、なかなか深い内容の人生応援歌です。
 ゲーム三昧の3連休
SUPERSTAR SMTOWNにハマってからというもの、ゲーマーと呼ぶに相応しい時間をこのゲームに費やしています(笑)。
これだけやり込むと、さすがに上達はしたものの、今のところ難易度HARDでノーミスでクリアできる曲はほとんどなく、クリアはするけど必ずどこかでミスるという中途半端な腕前。

音ゲーはこのゲームしか知らないのでアレですが、基本、歌とかラップの譜割りに沿っているので、ドラム的リズム取りとは少し感覚が違います。
私の場合、楽器のリフに沿ってリズムが入っているパートは得意だけど、音を伸ばす長押し系がかなり苦手で、ミスると言えば長押しの部分がほとんど。

楽曲を一番聴き込んでいる東方神起はアドバンテージがあるかと思いきや、手持ちの東方神起のカードのグレードがイマイチなため、頑張ってもあまりスコアが伸びないのがネック…。
ちなみに、手持ちのカードで、今一番スコアが出せるアーティストはSHINee。
SHINeeはいい感じの曲が多くて楽しいです。

それにつけても、このゲームをやって気が付いたのは、東方神起の曲より他のアーティストの曲のほうが好みなのが多いこと(笑)。
SHINeeやSHINeeメンバーのソロとか、EXOやEXOメンバーのソロとか。

スコアを伸ばすにはカードを強くさせなければならず、強くさせるにはリズムポイントを稼がなければならず、リズムポイントを稼ぐには曲をプレイしまくらなければならないという、無課金で続けるのはとても過酷なゲームなのですが…、何とかお金を使わずにやっていきたいと思います。

今、安定して星3つ(ノーミス)が取れる曲、テミンの「Danger」とEXOの「Growl」。
どちらもハネ系、音ゲーもやっぱりハネ系が好きです(笑)。

■Danger(テミン)



■Growl(EXO)

 SUPERSTAR SMTOWN 音ゲーにハマる
最近、SUPERSTAR SMTOWNというスマホゲーム・アプリにどハマりし、暇さえあればゲームという引きこもりライフをエンジョイしています(笑)。

SUPERSTAR SMTOWNは、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代など、SMエンターテインメント所属アーティストの音楽に合わせて、上から落ちてくる丸い球をタップしたり長押ししたりスライドさせたりして遊ぶ音ゲー。
これまでゲーム関係は興味なく過ごしてきたゲーム音痴の私は、知りませんでした。
音ゲーは、リズムオタクの血が騒ぐヤバいゲームだということを!

きっかけは、台風到来で身動きが取れなかった週末。
興味本位でゲームのやり方をよく知らないまま適当に始めたら、知らない曲でも思いの外どんどんクリアでき、しかもノーミスを連発!
一通りの曲をサクっとクリアし、伊達にドラマーやってないし!と、オラオラ状態で、次は難易度を「ノーマル」にしてみたら、そこから試練が訪れました…。
一気に難しくなり、それまで難なくクリアできていたのは、単に難易度が「イージー」だったからという現実に気づき、ドラマーとしてのプライドもズタズタに…。

ノーマルでは、東方神起の「Something」、スーパージュニアのイェソンのソロ「Paper Umbrella」、シャイニーの「Ring Ding Dong」の壁にぶちあたりました。
中でも、イェソンの曲は、バラードなのでダンス曲に比べると易しいはずなのに、なぜかいつも開始早々、同じところで失敗し、あまりにも失敗が続くので、イェソンの曲を耳にするのも苦痛で、トラウマ寸前にまでなる始末。

しかし、そんな苦難を乗り越えると、視界が開けたのか、難易度「ハード」では、音ゲー慣れしている人でも難しいと思われるシャイニーの「Ring Ding Dong」やEXOの「LIGHTSABER」を、奇跡の1発クリア!
とにかくタップしまくって、何が何だか訳が分からないまま終わりましたが(笑)、とりあえずクリアできたのでヨシとします。
そんなこんなで、スタートから2週間で、完成度はさておき(笑)、全てクリアしました。


超難しい「Ring Ding Dong」を神ワザでクリア

ちなみに、ハードをやり始めて、自分のタップやホールドのタイミングを調整し直したところ、グンと成功率が上がりました。
どうやら、やっているうちに自分のタイミングが変わってくるのか、アプリ側のタイミングがズレてくるのか分かりませんが、得点が伸び悩んでいるとか、ミスが多い場合は、一度タイミング調整するとよいかもしれません。

このゲームは、同じ格付けのメンバーと得点を競い合い、上位5位までに入れば次週ワンランク上の格付けに上がれるようになっているのですが(私はまだ下から2番目の格付けです)、これからは、腕前を上げることも大事ですが、より効率よく高得点をたたき出すための施策にも力を入れないと上がっていけなさそう…。

そのためには、報酬で貰えるアーティストのカードのグレードをアップさせないといけないのですが、カードを強くするとなると、強いカードが詰まったパックセットを購入するか、弱いカードを強化して強くさせるかなのですが、いずれにしてもそれをするためにはゲーム内通貨が必要で、無課金で頑張るとなると、時間がかかりそうです。
う~む、色々うまく考えてあるなぁ。

とはいえ、SUPERSTAR SMTOWNの一番の魅力は、やはり曲が良いことでしょう。
K-POPは洋楽嗜好なので、私好みな曲が多く、やっていて楽しいです。
曲が好みじゃないと、ここまでハマらなかったはず。
東方神起以外のアーティストの色んな曲を知るきっかけにもなりました。
ということで、さあ、今日もがむばろう!(笑)

| home |