FC2ブログ
 STING ~MY SONGS TOUR~ at 福岡国際センター '19.10.7
Sting3.jpg

欧米系の洋楽アーティストが福岡でライブするのは珍しすぎる今日この頃、なんと、スティングが来てくれるというので、ここぞとばかりに行ってきました。

スティングは好きなアーティストの一人には間違いないのですが、実は、ライブを観るのはこれが初めて。
結構来日してるっぽいのに、なんで今まで観に行ってなかったのだろうと自分でもビックリです。
今回は、『MY SONGS』というニュー・アルバムを引っ提げたライブツアーで、わざわざ遠征しなくても観られるという安心感からか、アルバムがどんな内容かも知らないまま、ただ現地に乗り込むというぐうたらぶり。(汗)

座席はアリーナ15列目で、ステージからはまあまあ近いですが、双眼鏡はあるに越したことはない距離感。
アリーナ席といえば、前の人の頭で視界が遮られるデメリットがありますが、スティングの観客層は男女比が半々ぐらいで、私の前方は幸い女性だったので何とか大丈夫でした。

Sting2.jpg

ステージに登場したスティングは、ライブポスターの写真と同じ赤のピタT姿で、長年、ヨガで鍛錬しているだけあり、筋トレで鍛えたムキムキとは質の違う、しなやかな筋肉で引き締まったカラダが若い!
ミック・ジャガーとかマドンナとかもそうですが、年をとっても現役バリバリでライブツアーするビッグ・アーティストは、カラダの鍛え方がハンパないです。

ポリスの名曲「Message In A Bottle」で幕を開けたステージは、ライブポスターの謳い文句にあるとおり“史上最強のベスト・ヒッツ・ツアー”で、ポリスの名曲、スティングの名曲をメドレーのように間髪入れず繰り出す、怒涛のヒットパレード!!

セットリストは、ポリスとスティングが半々ぐらい!
まさかこんなにたくさんポリスをやってくれるとは思っていなかったので、コーフンしきりでした!
私はポリスのほうが好きな楽曲が多いので、中でも、「Walking on the Moon」は、スチュアート・コープランドのセンスよすぎなドラミングのツボをしっかり押さえた、ジョシュ・フリーズの暴れ太鼓がめちゃくちゃカッコよくて、痺れました!

Sting1.jpg

MCがないという安室ちゃんのライブかと思うぐらい(行ったことないけど)、メンバー紹介以外MCらしいMCが一切ない、アンコール合わせてトータル1時間半ぐらいのステージでしたが、観客に休む暇を与えず、次から次へと名曲を注ぎ込む、魅力をぎゅっと濃縮させたようなステージ構成がとてもよかったです。

ライブで聴いて、改めてスティングの作ってきた楽曲の素晴らしさを実感。
iPodに入れていたのにデータが消えてしまったポリスのアルバムとスティングのアルバムをさっそく入れ直さなくては!
 Jason Mraz ~GOOD VIBES TOUR~ at 中野サンプラザ ’19.7.29
20190729_JM2.jpg

7月29日は、5年ぶりの来日公演、ジェイソン・ムラーズのライブを観に東京まで行って来ました。

今回、先行予約でゲットしたチケットは、1階2列と書いてあり、これは前から2列目か!と喜び勇んで会場に入ると、なんと、最前列だったというサプライズ!
きゃ~~~~~~~!!!!!
先行予約といえども、決して良席が保障されるわけではない日本のチケット販売システムで、こんなラッキーはそうそうありません!

この日、ステージに登場したジェイソンは、前日に出演していたフジロックの疲れをものともせず、乗っけから透明感溢れる歌声で、ピッチも完璧!
バンドメンバーとお揃いの、ガソリンスタンドのユニフォームみたいなつなぎ姿もかわいい!
特に、胸元のアボカドのアップリケがツボ!

セットリストは、最新アルバムから懐かしのデビューアルバム、さらには初めて聴くナンバーまで、選り取り見取りで、中でも、最新アルバムのナンバー「Unlonely」は、ジャクソン5の「I Want You Back」とマッシュアップしたアレンジで、バンドメンバーとの息の合ったほんわかダンスも披露し、大盛り上がり!

20190729_JM1.jpg

今回のツアーメンバーは、5年前の来日公演で、素晴らしいコーラスワークとアコースティック演奏を聴かせてくれたバンド「RAINING JANE」+ドラム&ベース&キーボードの編成で、アコースティックが基本ながらも、ドラムとベース、そしてキーボードが入っているぶん、よりダイナミックなサウンドで聴かせてくれて、私好みでした。

ジェイソンもバンドメンバーも、皆さんとってもフレンドリーで、アンコールが終わり、全員が一列になって挨拶した後、ステージからはけるときにバンドメンバーとハイタッチできました!
ジェイソンとのハイタッチはかなわなかったけれど、個人的に、この日、ドラマーのマイケル・ブラムが(名前は違うかも…)、ライブ途中で一旦ステージからはけるときに、手を振ったら振り返してくれたのがとても嬉しかったです。

5年ぶりに観たジェイソン・ムラーズのライブは、ツアータイトルの通り、GOOD VIBESに溢れた、とても幸せな気分なれる、本当に素敵なライブでした!
 スガシカオ TOUR 2019 at 福岡市民会館 ’19.5.12
20190512.jpg
シカオちゃんの等身大?人形

5月12日は、New Album『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』を引っ提げたスガシカオの全国ツアー、福岡公演に行って来ました。

シカオちゃんのライブに行くのは超久しぶりで、最後に行ったのはいつだったのかも思い出せないほど。
そんなときに役立つのが、当ブログ(笑)。
確認してみたところ、2013年のヒトリシュガー・ライブと判明、実に6年ぶりのライブ参戦です。
確かこの辺りの年代から、シカオちゃんの音楽性が流行りのEDMを取り入れたサウンドにシフトしていき、それが私の好みに合わず、自然と足が遠のいていました。

今回のライブツアーは、フルバンド+ホーンセクションという構成に惹かれ、久しぶりに行ってみようという気になり、とはいえ、当日まで何の予習も復習もせずに乗り込むというていたらく…。
案の定、知らない曲のほうが多いぐらいのセットリストでしたが、それでも、すごく楽しめて、すごくよかったです!

今回のバンドは、キーボードなし、という珍しい構成で、ファンク系といえばオルガン、エレピといった鍵盤がデフォルトなイメージですが、その役割をホーンセクションが担っています。
それが実にかっこよくて、ファイヤーホーンズが奏でるパキパキのアンサンブル、タイトなグルーヴに、コーフンしまくり!
音楽におけるホーンセクションの威力、底力に、すっかり魅了されました!

長らくご無沙汰していた間にバンドメンバーも入れ替わり、今回のメンバーは、私が最後に観たバンド編成のシカオちゃんのライブ(2012年のFunk Fireツアー)のメンバーよりも、好みな感じです。
特に、ギターのDURAN(デュラン)さんは、ファンキーなカッティングあり、ロックな速弾きあり、曲調に合わせたギタープレイのセンスが光っていました。

ライブ中盤の、会場からのリクエストに答えるアコースティック・コーナーでは、「愛について」「アシンメトリー」など、私の特に好きな昔のシカオちゃんの曲を、シックな雰囲気で聴かせてくれました。

久しぶりのシカオちゃんライブは、行ってよかった、大満足な夜でした!
 John Mayer Live at 日本武道館 '19.4.11
20190411_1.jpg

4月11日は、ジョン・メイヤーの5年ぶりの来日公演を観に、東京、日本武道館まで行ってきました。

日本武道館には過去に何度かライブ参戦していますが、今回、初めてアリーナ席を体験。
前から3列目という、列的にはかなりの前方でしたが、ステージ向かって一番右端のブロックだったため、ジョンを横から拝む角度で、しかも結構距離があり、双眼鏡は必須でした。
さらに、ジョンのライブはメンズ率が高いため、段差のないアリーナは視界確保が難しく、今回は残念ながら良席とは言えない席でしたが、それでも、やっぱり行ってよかった!

この日のジョンは、自分の?それとも誰かの?ツアーTシャツっぽい長T(しかもデザインが微妙…)にワークパンツという、相変わらずのファッション・センスで登場。
ステージは、休憩を挟んだ2部構成で、前半はフルバンド、後半はアコギ弾き語り+フルバンドで、例のごとく、ジョンのライブの一番の見どころ聴きどころであるギタープレイを、エレキもアコギも余すところなく魅せまくり!

私は特別ギター好きというわけではないので、普通だったら、歌もので間奏の楽器ソロがギーソロばかりだと飽きてくるものなのですが、ジョンのギターは、飽きるどころかもっと聴かせてほしいと思う、この違いはいったい何なのか!

20190411_2.jpg

そして、ジョンを支えるバンドメンバーも、いつもながら素晴らしい布陣で、今回は、5年前の来日メンバーから、ベースとギターの1人が変わっただけと思われるのですが、ベースは、なんと、ベーシストの中のベーシスト、Mr.ピノ・パラディーノ!
ピノ様ーーーーーーーーーーっ!!!!!
決してでしゃばらず、淡々とプレイしているようでいて、ツボを押さえまくりの、ベーシストとはこうあるべきという理想形のピノ様のプレイを生で観られたのは、本当に貴重でした。
そのプレイスタイル同様、ステージ奥に配置されたドラムの横にぴったり着け、奥まった場所で終始プレイしていたピノ様ですが、存在感ありすぎ!かっこよすぎ!

アンコールで演ってくれた「Gravity」は、ジョン・メイヤー・トリオの、ピノ様&スティーヴ・ジョーダンの「Gravity」が好きすぎて、今回のドラマー、アーロン・スターリングとピノ様の組み合わせは、少しニュアンスが違っていたけれど、アーロン・スターリングのドラミングももちろん素晴らしく、特に、ここ最近のジョンの曲の雰囲気には、アーロンの軽快なドラミングは最適ではないかと思います。

アンコールといえば、「You’re Gonna Live Forever In Me」を、ピアノ弾き語りで聴かせてくれて、ジョンのピアノを弾く姿を初めて生で観ました。
ギターだけでなくピアノも弾けるジョン。
そういえば、昔、ジョンがジェニファー・アニストンと付き合っていた頃、ジェニファーがジョンの誕生日にピアノをプレゼントしたというゴシップ・ネタを思い出しました。

日本のライブでは、いつもセンスのよい日本語を披露してくれるジョンの軽妙なMCも健在で、この日の日本語は「はいどうぞ~」でした。
「はいどうぞ~」の発音(イントネーション)が、日本人の男性の友人から女性っぽいと言われ、ジョンいわく、子供の頃に習った日本語の先生が女性だったので、それで僕の日本語の発音は女性っぽいのだと(笑)。

今回の参戦は、当日に東京入りし、翌日の早朝便で福岡に帰るという強行スケジュールでゆっくりしている暇がありませんでしたが、本当に素晴らしいライブで、まだまだ余韻が続いています。
また来日した折には、必ず観に行きます!
見逃すなんてありえない!
 NCT 127 JAPAN Showcase Tour "Chain" at 福岡国際会議場 '18.4.2
201800402.jpg

4月2日は、SME所属の新人アイドルグループ、NCT127のショーケース(夜の部)に参戦しました。

連日連夜プレイしている音ゲー、SUPERSTARSMTOWNのおかげで、SME所属アーティストの曲の知識が増え、中でも、NCTは私好みの曲が多く、今回、福岡に来るというので、さっそく先行予約に申し込んだら当たりました。
都会のほうはかなり入手困難なチケットだったようですが、こういう時、地方はラッキーというか、割と手に入り易いです。

NCTという母体から、NCT127、NCT DREAM、NCT Uなど、色んなグループが派生し、メンバーも多国籍なグローバル・グループ、その中から、めでたくNCT127が日本デビュー決定、今回のショーケースは、そのプロモーションツアーになります。

ぶっちゃけ、NCT127の読み方もあやしく、”NCT”は” エヌシーティ”でいいみたいですが、”127”は” イチニーナナ”でいいのかよく分からないまま会場入り。(汗)
MCの方が” イチニーナナ”と紹介していたので、この読みで大丈夫ということが確認できました(笑)。

ショーケースは、新曲「Touch」のパフォーマンスで幕を開け、その後は、トークあり、ファンからの質問コーナーあり、ジェスチャーゲームありと、ファンミーティング的な内容。
ライブだけだったら、メンバーの顔と名前が結局分からないまま終わってしまうところでしたが、色んな企画があったおかげで、マーク君以外は怪しかった私も、どうにかこうにかメンバー全員の顔と名前を覚えることが出来ました。
でも、マメにおさらいしないとすぐに忘れそう…。

メンバーには、日本人のユータ君がいるので、日本語ネイティブなユータ君が何かと仕切っていました。
他のメンバーは日本語を頑張って勉強しているとはいえ、まだまだたどたどしいので(それが可愛いかったりするのですが)、日本ではユータ君が頼りの存在です。

SUPERSTARSMTOWNに入っている曲しか知らなかったので、ライブでは初めて聴く曲もありましたが(汗)、とにかくみんな、ダンスがめちゃくちゃ上手い!
洗練されたダンス・ミュージックに、エッジの効いた振付がカッコよくて、中でも、やっぱり「Cherry Bomb」が印象的。
エンディングの、足をどんどん開いていく振付が圧巻です!

私は「Mad City」が好きなのですが、残念ながら今回のセットリストにはありませんでした。
ハネ系のリズム、クールなベースラインに乗せて、何をそんなに怒っているのか?(韓国語だから分からない(汗))超高速ラップで終始まくしたてる、エミネム風ラップ・スタイルが魅力的なヒップホップ・ナンバーなのですが、ぜひ、生で観たいところ。

NCT127は、これから日本でもどんどんビッグになっていく予感大です。
それにしても、トークでは大活躍していたユータ君ですが、歌う場面がすごく少ないのが気になりました。
エグザイルでいうところの、パフォーマー的なポジションなのか??
でも、歌うシーンがわずかながらもあるということは、そうではないということですよね。
もうちょっと歌詞を割り振ってあげてもいいんじゃないかと思います。



 CRAZY KEN BAND 20TH ATTACK! CKB[攻]  '17.11.3
20171103_CKB.jpg
会場に展示されていた横山剣氏の蝋人形 微妙…

11月3日は、クレイジーケンバンドのライブに初参戦しました。
CKB 20周年記念ベストアルバム(3枚組全60曲収録!)を引っ提げた全国ツアーということで、CKB初心者にはベストアルバムは持ってこいの予習ツール、このアルバムを集中的に聴き込んで臨みました。

会場の福岡国際会議場界隈は、福岡の主要なコンサート会場が固まっているエリアで、この日は、ドリカム、エレカシ、そしてCKBが集結していました。
会場の最寄り駅に着き、何も考えずにボーっと人の流れについて行っていたら、ドリカムのファンの方たちだったようで、危うくマリンメッセ福岡に行くところでした。
ドリカムもエレカシもCKBも、ファンの年齢層が高く、分かりやすいツアーTシャツを着ているわけでもなく、普通の恰好だと判別が難しいです(笑)。

CKBは、アルバムを聴き込むまでは「タイガー&ドラゴン」の印象が強く、昭和歌謡なイメージを勝手に抱いていましたが、その手の曲よりも、90年代のイギリスのアシッドジャズとかジャズファンクと呼ばれる類の音楽に強く影響を受けている感じで、実はとってもオサレ!
ブラン・ニュー・ヘヴィーズとか、マットビアンコに近い印象です。
オサレなグルーヴに乗っかる、大人のユーモアと余裕に溢れた歌詞がグッときて、曲良し、歌詞良し、演奏良し、全てを備えたバンドはそうはいないと思います。

ライブは、持ち歌だけでなく他のアーティストのカバーもあり、寺尾聡の「ルビーの指輪」は特にツボでした。
アンコールでは、いきなり永ちゃんの「止まらないha~ha」を歌い出し、これはCKBのお約束のパターンなのでしょうか(?)観客の皆さんもノリノリで合いの手のタオル投げパフォーマンスをして大盛り上がり(笑)。

バンド結成から20年と、キャリアの長いCKBのメンバーの皆さんは、年の重ね方がとても素敵で、まさにナイスミドル。
めちゃくちゃカッコよくて、楽しいライブでした。
そして、私もあんな風に年をとってもカッコよく、いつまでも音楽を演り続けたいなぁと、しみじみ思いました。

セトリの1曲目「スージー・ウォンの世界」

 SUPER JUNIOR-KYUHYUN JAPAN TOUR 2017 ~ONE VOICE~ '17.1.23
韓国のアイドルグループ、スーパージュニアのメンバー、キュヒョンのソロコンサートに行って来ました。
特にファンというわけではないのですが、キュヒョンは東方神起のチャンミンと大の仲良しで、チャミペンはキュヒョンに好意的ということで、そのよしみです(笑)。
福岡でライブがあるのに気が付いたのはかなり直前でしたが、ラッキーにもチケットがまだ少し残っていたので、急いでゲットしました。

会場は、福岡サンパレス(今回初めて行きましたが、不便な場所です…)、座席は、3階席の後ろの方の、いわゆる天井席。
E.L.F(スーパージュニアのファンクラブ)の会員でもないし、チャミペンだし、という私にはちょうどいい距離感でした。

キュヒョンは、所属事務所SME屈指の歌うまアイドルで、“バラードの貴公子”と呼ばれているとおり、ソロコンサートは、当然のごとくバラード中心の聴かせる構成。
しかし、この日は、オープニングの出だしから、明らかに不調…!
高音のファルセットはカヒミ・カリイばりのウィスパー・ボイスになっているし、絶えず音程が微妙にズレてる、中○美嘉現象が勃発していたり!
いったいキュヒョンに何が起こったのかと思ったら、風邪を引いてしまったとMCで告白。
高熱が出て、病院で点滴を打ったりして回復に努めたが、まだ本調子ではなく、リハーサルの時も全然声が出なかったと。
皆さんには本当に申し訳ないと、しきりに謝っていました。

その申し訳なさはとても伝わってきましたが、生歌を楽しみにしていただけに、やはり、この日のパフォーマンスはどうにも不完全燃焼で、残念でなりません…。
でも、歌以外では、キュヒョンはMCのほとんどを日本語で話し、ユーモアのセンスも効かせた会話で楽しませてくれました。
スーパージュニアのメンバーは日本語がしゃべれない印象でしたが、きっと、相当勉強したのでしょう。
ファンからキュヒョンに歌ってほしい曲のリクエストを募るコーナーでは、星野源の「恋」を、恋ダンスもしっかりマスターして披露してくれるサービス精神で、会場を沸かせました。

私が参戦したのは、福岡2Daysの初日でしたが、あの様子だと、おそらく二日目のパフォーマンスも本領発揮とはいかなかったのではないでしょうか。
残りの日程は、体調万全なことを祈ります…


20170123.jpg
携帯できるネオンサインみたいになっている、今どきの進化形ペンライト。
会場では、電子制御で曲によって色んな色に変化します。

| home |