遊び三昧の週末
teienartmusium.jpg

6月8日は、東方神起のライブがおじゃんになってしまったので、急遽、泊めてもらう予定にしていた東京の友人を呼びつけ、晩御飯を付き合ってもらうことに。
今回のとほほエピソードをさっそく話すと大笑いしてくれて、リアクションのツボを心得ている友人に嬉しくなりました。

翌日は、友人と、白金台にある旧朝香宮邸に行ってきました。
アール・デコと日本の和の融合が素晴らしい建築物で、窓からは広い庭園が見渡せ、なんとも優雅な気分に浸れる素敵な空間でした。
併設されているキャフェもオシャレで居心地がよさそうで、入りたかったのですが、お待ちが多すぎて断念。
新館で開催中の「フランス絵本の世界」展も人が多すぎて、軽く流しました…。

その後は、日比谷にオープンした、東京ミッドタウン日比谷へ。
前回、東京に行ったときにちょうどオープンした銀座SIXしかり、東京ミッドタウン日比谷しかり、それはゴージャスな空間でございます。
雑貨屋さんが入っていたので覗いてみたら、ちょうど探していたサイズのオシャレな籠があり、即決でお買い上げ。
幸い、値段もさほど高くなかったのでよかったです。
東京ミッドタウン日比谷は、地下のフードコートが充実していてスペースも広いので、土曜日の繁忙時間でも座れる席があり、ここでご飯を食べました。

その後は、新宿にある、懐かしの昭和歌謡の映像が楽しめる歌謡ヒット曲BAR「ヤングマン」へ。
紅白とかザ・ベストテンとか、貴重なレア映像満載でリクエストもOK!とくれば、テンションが上がらないワケがない!
この日観た中では、少年隊の「仮面舞踏会」(私がリクエストしました)が、やたらカッコよかったのと、帰り際に流れたマッチの「ハイティーンブギ」(だったと思う)が、ドラマ仕立ての演出になっていて、泥まみれになりながらこれでもかと熱演していたマッチの姿が特に印象的でした。

締めは、カラオケに行って1時間ほど歌って帰るという、遊び三昧の1日を過ごし、ジェットコースターのような週末が終わりました。
 心変わりの代償 ②
それにつけても、日産スタジアムはデカかった!
東方神起のライブ通いで巨大なハコはすっかり慣れたものとはいえ、東京ドームの5万5千人を上回る7万2千人の収容人数となると、目的ゲートに辿り着くまでが輪をかけて遠い!
しかも、最寄り駅からも離れているので、トータル一駅分は歩く感じです。

そんな体力も交通費もチケット代も全て無駄になってしまった、痛恨のチケット忘れ…。
実は、こんな肝心なモノを忘れてしまったのには思い当たるふしがあり…。

それは、最近、東方神起に冷めてしまって…、というか、他に好きな人ができまして!
私は昔から、新たな標的が現れると全神経がそっちに行ってしまい、今まで夢中になっていた人が一気にどうでもよくなる性分で、これまでの人生、何人の芸能人、時にはスポーツ選手に夢中になっては冷め、冷めると同時に違う人に夢中になり、を繰り返してきたことか!

で、今、ハマっているのは、俳優のコリン・モーガンです。
きっかけは、3月、4月あたりに、スーパー!ドラマTVで放映されていた「The Fall」という海外ドラマ。
「X-ファイル」のスカリー役でお馴染みの女優、ジリアン・アンダーソン主演の暗いタッチの犯罪サスペンスで、このドラマが何だか気になる内容で、ながら見でなんとなく続きを見ていたら、ある日、コリン・モーガンが登場し、一目見た瞬間「え!誰これ?超カワイイ!!」と、一気にハートがスパーク!

それからは、コリン・モーガンを追いかけまくる日々で、東方神起に費やす時間が激減、ライブが近づいても準備そっちのけでコリン活動に夢中になっていたがために、こんな羽目になってしまったのではないかと。
自業自得…。

熱量は変われど、今のところファンクラブは継続するし、ライブがあれば行こうと思っているので、完全に冷めたわけではないのですが、何分、今はコリンに夢中ということで、7月にコリンが出演する舞台を観に、ロンドンに行くことにしました!
さっそく突っ走ってます(笑)。



6/5に行われた、コリン出演映画「The Happy Prince」のロンドン・プレミアでのインタビュー動画
かわいい&アイルランド訛りの英語の発音に萌え
この映画、激しく見たい!

 心変わりの代償 ①
NISSANS.jpg
行ってきただけの日産スタジアム…


先週末は金曜日に休みを取って、東方神起のライブに参戦すべく横浜日産スタジアムまで行って来ました。

前人未踏の日産スタジアム3Days公演初日、座席はファンクラブ会員限定の特別枠、プレミアムシートだったのですが…!
あろうことか、会場まで行ったのに、ライブを観れなかったのです!!
あぁぁぁぁ、なんという悲劇……!!!

それにつけても、なぜこんなことが起きてしまったのか!?
理由は、間抜けすぎるにも程がある、チケット忘れです……。

プレミアムシートは、顔写真付きの専用オリジナルチケットが発行され、入場時はそのチケットと顔写真付きの身分証明書を提示し、照合しないと入れないという厳重なセキュリティが設けられていて、ライブの2週間ぐらい前にオリジナルチケットが郵送されてくるのですが、その存在をすっかり忘れていた私…。

出発前は、野外の日産スタジアムに備え、もしもの雨対策や熱中症対策や寒さ対策に気を取られ、顔つき身分証明書はいつも財布に入れてるから大丈夫と飛行機に乗り込み、そろそろ東京かというタイミングで、先ず、双眼鏡やらペンラやらのライブ参戦グッズをすっかり忘れてきたことに気づき、またやらかしたかと(前にも忘れたことがあったので)自分に呆れた瞬間、そういえば、チケット…!と、思い出すには遅すぎるこの段階で、肝心のブツを完全に家に忘れてきたことに気づいたのでした…。
その瞬間、全身の血の気が引くのが分かりました…。

東京に着くや否や、チケットが無くても入れるのか問い合わせすべく、連絡先をネットで探しまくるも、電話番号は一切掲載なし!
焦り過ぎて過呼吸になりそうな極限状態で、改めてプレミアムシートの注意事項を読むと、チケットと身分証明書のどちらか一つでも無い場合は入場不可と書かれてあり、地獄に落ちました…。

でも、プレミアムシートはセキュリティが厳しい分、こう書いてあっても事情を訴えたら何とかイケるかもしれないと、わずかな望みを見出し、とりあえず会場に行こうと決意。
日産スタジアムに着き、さっそく近くのスタッフさんに事情を説明すると、「ちょっとお待ちください」と、慣れた口調で奥の方へ消えていくので、これは、ひょっとしてイケる??と思わず期待。
しかし、程なくして戻ってきたスタッフさんの回答は、「プレミアムシートのスタッフに聞いてください」。

肩透かしを食らうも、気を取り直してプレミアムシートの入場口までせっせと歩き、スタッフさんに再度訴えると、同じく待たされ、違うスタッフさんが奥から出てきました。
そして、その答えは、チケットがないと入れないと…。
「ファンクラブの会員証でも本人照合は出来るし、100%本人なのに、それでもダメなんですか!!」「福岡から来てるから、今さら取りに帰れないし!!」と、半ギレで訴えるも、却下…。
このまま訴え続けても埒が明かない気配を感じたので、泣く泣く引き下がりました。
ということで、チケット代24,800円がパーに…。

会場に向かうトンペンさんたちの大波に、一人逆行して駅に向かう私…。
その道すがら、そりゃチケットが無かったら入れないわなと、スタッフさんの頑なな態度をしみじみ受け入れました。
そして、この間抜けすぎる大失態をしでかしてしまった背景には、実は思い当たるふしがあることを認め、自分の相変わらずの性分と、その代償の大きさに苦笑い…。

続く…
 自分へのご褒美 -2018春-
CH22.jpg

家で過ごす時間をさらに快適にしようと、前々から気になっていた、カール・ハンセン&サンのラウンジチェアー、CH22を買いました。

ぶっちゃけ、私にとってはかなり高額なお買い物ですが、見た目といい、座り心地といい、本当に素晴らしい!
思い切って買ってよかったです。
これで、オタクライフがますます充実することは間違いありません(笑)。
 花のある生活
sakura.jpg

家の近くにある、桜スポットに行って来ました。
川沿いにずら~っと桜が立ち並ぶ、なかなかの豪華スポットなのですが、ローカルな場所なのでのんびりムードでほっこりします。
今がまさに見頃のピークで、風が吹くと花びらがひらひらと舞う姿も素敵でした。

rose.jpg

最近、部屋にも生花を飾るようになり、花のある生活を楽しんでいます。
というのも、行きつけの産直のお店で売っている生花がお手頃価格なので、気楽に買えるのです。
このバラも、280円。
部屋に生花があると、それだけで気分がよくなります。
ていねいな暮らしをしてるっぽくも見えるし、おススメです。
 平昌オリンピック 注目選手&解説者
日本に程近い韓国開催ということで、時差なくテレビ観戦できるのが嬉しい、平昌オリンピック。
今日は、スノーボード男子ビッグエア決勝と、スノーボード男女パラレル大回転をライブで観て、またまたコーフンしました。

ビッグエアは、このオリンピックですっかりお気に入りになった、アメリカのレドモンド・ジェラルド君が出場するので、大注目していたにも関わらず、1本目の演技を見逃す痛恨のミス!
後でネットで探さなければ。
ジェラルド君の結果は5位と、メダルには届きませんでしたが、素人から見てもかなりのポテンシャルを秘めている様子が感じられました。

パラレル大回転は、女子では、チェコのエステル・レデツカ選手が、スキーとスノボで2冠達成という快挙!
スキーもスノボもやったことがない私は、これらのスポーツの違いがどれほどなのかイマイチ分からず、快挙とはいえピンとこなかったところ、解説の方が「テニスと卓球で金メダルを取るようなもの」と、分かりやすく例えてくれて、それは確かに凄すぎる!と納得。

男子では、韓国の若手、イ・サンホ選手が、準決勝は0.01秒差で勝ち上がるという、痺れる展開を繰り広げ、決勝は敗れたものの、堂々の2位!
スキーやスノボのスピード系競技でアジア系選手がメダルを獲るとは、これまた凄いことです。

今大会、メダルは取れなかったけれど個人的に気になった選手は、スキージャンプの小林陵侑選手。
小林ブラザーズの弟くんです。
ジャンプ台に座ってスタンバっている時や、構えに入った時の半開きの口元から見える前歯がかわいくて萌えました。

平昌オリンピックは、解説者の方も魅力的でよかったです。
スノボ解説の中井孝治さんはネットでも話題になっていましたが、私もハマった一人。
あまり多くは語らず、コーフンし過ぎず、適度な距離感を保ちつつも、スノボ愛溢れるコメントが心地よかったです。

ショートトラックの高御堂雄三さんも気になりました。
冷静な語り口の中に、時々「やっぱ」とか、若者口調が入り混じってかわいい。
なにより、中井さんも高御堂さんも、若い声のトーンがとにかく好みでしたね。

明日でオリンピックも終わり、お祭りはあっという間です…。
 平昌オリンピック スノーボードがかっけー!
巷ではインフルエンザが大流行りしていますが、引きこもりのヲタク生活が功を奏しているのか、今のところ大丈夫です。
そして、この3連休は、平昌オリンピックが始まったこともあり、ヲタク・ライフに拍車がかかっています(笑)。
今日は、スノーボード男子スロープスタイル決勝を朝からライブで観て、コーフンしました。

スノーボード スロープスタイルとは…、
ソチ五輪から採用。形状の異なる複数のジャンプやレール、ボックス、テーブルなどレイアウトされたバラエティーに富んだコースからいくつかのアイテムを選択し、演技しながら滑走して得点で競う。全体の印象、高さ、難易度、完成度、多様性、流れなどの観点から採点し、順位を決定する。

前半はジブと呼ばれるレール状のアイテムなど、後半にはジャンプ台が設置されたコースを滑り、技や演技を競う。ハーフパイプと同様、6人の審判が1人100点満点で採点し、最高点と最低点を除外した4人の平均点が得点となる。予選は2回、決勝は3回ずつ滑り、それぞれ最も高い得点が採用となる。予選の上位12人が決勝に進む。(Sportsnavi 平昌オリンピック特集より引用)


この競技は、予選から生中継で観ていたのですが、選手の繰り出す技の迫力と個性が観る者を惹きつけ、競技の知識がなくても存分に楽しめるエンターテインメント性溢れるスポーツで、最後まで飽きさせません。
解説の方から出てくる言葉も「かっこいいですね!」「オシャレです!」「これはスタイリッシュですね~」など、解説者っぽくない表現が多いのも面白いです。

優勝したのは、アメリカの17歳の少年スノーボーダー、レドモンド・ジェラルド選手。
2回目までは途中でミスって最後まで滑り切れなかったものの、3回目のラスト・ランで大技を次々と成功させ、劇的な大逆転勝利を収めました!
ジェラルド君は、予選から、観ていて何か特別なバイブス(この表現がスノボには合う気がして(笑))を感じるものがあり、密かに応援していたのですが、見事にやってくれました!

ウィンタースポーツは全くやらないので、ウェアのファッション・トレンドとかも疎いのですが、スロープスタイルを観ていると、巷ではあまり見かけなくなった”腰パン”が、スノボ界では依然として主流のようで、”腰パン”はどうにも受付けない私としては、それだけが気になるところでした。
そんな中、ジェラルド君はパンツの腰を下げずに普通に着こなしていたのも好印象でした。

勢いに乗っているジェラルド君は、この後、平昌から新採用されたビッグエアという競技にも出場予定なので、注目したいと思います。

| home |