FC2ブログ
 WEEKEND


行きずりの関係を求めてクラブで出会ったゲイ男子二人が共に過ごす週末の2日間を描いた映画『ウィークエンド』を観ました。

描いているテーマが、映画『ゴッズ・オウン・カントリー』と似ていることもあり、期待していたのですが、この作品は『ゴッズ・オウン・カントリー』ほどではなかった…。
全く知らない二人が、会話することで(会話だけじゃないけど)徐々に距離を縮めていく、その話題は、社会生活における生きづらさや、お互いの恋愛観など赤裸々な告白で、本音をさらけ出し語り合ったことで、行きずりと割り切っていたはずのお互いの気持ちに変化が生まれていくという繊細なお話なのですが…。

主演の二人の俳優が、どちらもあまり好みのルックスではなかったからか?
それを言うと、『ゴッズ・オウン・カントリー』の二人も特に好みではなかったのですが、この違いは何なのか?
モヤモヤしながら『ウィークエンド』に関する情報をネットで検索していると、この作品について対談している記事に出くわし、「日本のBL好きの女子たちは、もうちょっとキラキラしたのが好き」というコメントにピンときました。

おそらくキラキラ感の違いなのだろうと思います。
でも、世間的にはとても評判のよい映画です。
 Passenger List
passengerlist_.jpg

各種授賞式のノミネートが発表される時期になりました。
しかし、今年観た舞台『All My Sons』のコリン・モーガンは、賞を受賞するにふさわしい熱演だったにもかかわらず、なぜかイヴニング・スタンダード・シアター・アワードに名前がなく…。
これは納得いかないとモヤモヤしていたところに、意外な朗報が!

コリン出演のPodcastドラマ『Passenger List』が、BBCオーディオ・ドラマ・アワード2020の「Best Podcast or Online Audio Drama」部門にノミネート!
まさか、『Passenger List』が!

このオーディオドラマは、飛行途中で消息不明になったロンドン⇒NY行きの飛行機の謎を追うサスペンスで、コリンは、事件を追う主人公の大学生ケイトリンの双子の弟コナーの恋人トーマス役。
謎の協力者ディラン(実はトーマス)から提供された飛行機の搭乗者名簿を下に、ケイトリンは様々な関係者に接触し、真相に迫ります。

しかし、物語は毎回怪しい人物が出てきて、真相に迫るどころか混乱を極め、肝心のコリンは、役柄上ケイトリンに素性を知られないようにするため加工声で登場、やっと素性を明かして生声になり、これを機に出番も増えるかと思ったら最終話は1秒たりとも登場せず、さらに、最終話でこの広がりまくったストーリーにどう決着がつくのかと思ったらシーズン1の最終話で、シーズン2に続くというオチ。
今、シーズン2待ちです。

コリンファンにとっては、毎回「え~~~~っ」となるツッコミどころ満載のドラマでしたが、ブーブー言いながら実は楽しめていたので、そこが評価に繋がったのでしょうか。

『Passenger List』は、耳で聴くだけでなく、スクリプトがアップされてセリフが読めるのがよかったです。
耳だけだと、聞き取れない英語は何回聞いても聞き取れないままで意味が分からないのですが、読めると単語を調べたりできるので理解が深まります。
私の好きなコリンのAudible作品『Worldship Humility』は、通勤時を利用してもう10回以上は聴き込んでいるのに、未だに内容がよく分かっていません…。

何はともあれ、ノミネートおめでとうございます!
 A Numberで、再びロンドンへ!
a_number.jpg

舞台『All My Sons』出演以降、コリン・モーガン情報がパッタリ途絶え、待つこと数ヶ月、ここへきてやっと最新情報が続々入ってきました!

9月ぐらいから、PodcastやAudibleの新作オーディオドラマ解禁、『All My Sons』のNTLive上映など、少しずつ動きが出てきたところに、畳みかけるように、ドラマ『ザ・クラウン』シーズン3のゲスト出演情報、新作映画の企画情報、そして、新作舞台出演情報が!
コリンの舞台、またまたキターーーーーーーッ!!!!!

そうと分かれば、さっそくチケットです!
今回の舞台『A Number』は、来年の2月14日から3月14日と、上演期間が1ヶ月しかない短期公演。
その期間中に、いつもの弾丸3泊5日3回鑑賞ツアーが組めそうな日程は、果たしてあるのかないのか?
カレンダーを見てみたところ、2月はラッキーなことに祭日があり、それを利用すると何とかなりそうなことが判明!
今回も都合がつくオレ!スゲエ!!

オレ賛美のラッパーモード全開で、次は、劇場のプライオリティ会員になり、一般発売に先駆けてチケットゲットする作戦に突入!
今度こそ一番前が押さえられますように!
しかし、またしても手続きに手間取り、結局、先行発売初日には買えずじまい…。

今まで、ナショナル・シアター、Old Vic、そして今回の劇場ブリッジ・シアターのオンライン・チケット購入に挑んできましたが、実は、どれもこれもスムーズにいった試しがありません。
それは、自分の英語力のなさに加え、逸る気持ちを抑えきれないせっかちな性格が災いし、英語をきちんと読まずに感覚で操作しているから!
そのせいで、いつもどこかの手順を誤り、いったい何が悪いのか分からずドツボにハマるパターンを性懲りもなく繰り返しています…。
いいかげん「急がば回れ」を肝に銘じなければ…。

1日出遅れはしたものの、何とか会員手続きが完了し、チケット購入サイトへ入ることができました。
出遅れが響いて最前列は早くも残り僅かでしたが、2回分は最前列をゲット!
1回は、最前列の残り席が視界に不安を感じるサイド席しかなかったため、サイトに搭載されている、条件を入力したら最適なシートを探してくれる機能を利用して座席を決めました。

サイトにおススメされたのは、前から3列目の正面端っこの席。
確かにこの席は2列目の端っこの席とズレていて、実質前の人がいないクリアに見える座席のようです。
この機能、なかなか信頼できるかも。

ブリッジ・シアターは、座席数900席で、今まで体験したナショナル・シアターのオリヴィエ劇場やOld Vic(いずれも1000席越え)に比べるとコンパクトなサイズ感。
2017年にオープンしたまだ新しい劇場で、演目に応じて座席配置が動かせるフレキシブルな設計が売りだそう。
『A Number』は、座席表を見る限りオーソドックスな舞台設計ですが、新しい劇場なだけあり、劇場内の写真を見た感じでは、1階席の座席配置も前の席との段差がしっかりついているもよう。

そしてなにより驚きなのは、最前列が15ポンドという安さ!
ナショナル・シアターも、最前列は確かこれぐらいの値段設定でした。
一番前よりも後ろのほうが値段が高いのは、いったいどういう理由なのかは分かりませんが、念願の最前列がゲットでき、尚且つ今までで一番チケ代が安くついたのは嬉しい誤算です。

『A Number』は、遺伝子実験により息子の複製に成功した父親と、自分は複数のコピーの一人に過ぎない事実に気が付いた息子のお話。
父親役がロジャー・アラム、息子役がコリン・モーガンで、二人芝居のもよう。
時間はまだ確定していませんが、ノー・インターバルとあり、戯曲を調べたところ60分ぐらいと思われます。
これまで観てきたコリンの舞台に比べると時間が短いですが、二人芝居なので、きっと出ずっぱりで、かなり濃密な内容が期待できます!

鑑賞日までになんとか予習をしておきたいところですが、果たしてどこまでできるやら?
英語の勉強も兼ねてがむばらねばなりません!
 東方神起 LIVE TOUR 2019 ~XV~ at ヤフオクドーム '19.11.9、11.10
XV20191110.jpg

東方神起ライブツアー2019 ~XV~ を観に行きました。
ファンクラブ枠で応募したら福岡初日と2日目が両方とも当たり、2日間参戦です!

今回は、ニューアルバム『XV』を引っ提げたツアーということで、当然予習が必要ですが、すっかりライトなトンペンに成り下がった私は、参戦前日に大慌てで曲を聴き出す体たらく…。
さらに、アルバム名も「エックス・ヴイ」と読むのか「15(数字の15を指すので)」と読むのかよく分からないまま会場入りし、二人のオープニングの挨拶で「エックス・ヴイ」が正解と分かったしだいです…(汗)。

初日の席は、4ゲート3塁側のスタンド席で、メインステージの正面向かって左側。
今回のメインステージは、V字型になっており(アルバム名にちなんでステージをXとVの形状にしたとMCでユノが語っていた)、そのせいか、今までとは違う不思議な見え方でした。

2日目は、3ゲート1塁側のスタンド席で、若干右寄りとはいえ、ほぼ正面の角度。
しかも、前から3列目だったため、トロッコが間近で観られる、かなりの良席でした!

オープニングの衣装は、いつもかっちりした正装系でキメてくる二人。
今回の衣装も、ゴージャス&皇帝のような威厳を感じさせる佇まいで、とにかく素敵!
さらに、今までのツアーでは「この衣装はちょっと…」というのが微妙にあったものですが、他の衣装も含め、一切ハズレなし!
どの衣装もことごとく素敵で、とても似合っています!
全体的に着込み系で肌の露出が少ないのも特徴で、鍛え上げた筋肉とかをあえて見せないのが逆にいい!

実は、アルバム『XV』は、正直「パっとしないなぁ…」というのが、さらっと聴いた率直な感想でしたが、ライブで聴くと違いました!よかったです!
前回のツアーから「生音」にもこだわり始め、今回は、ホーンセクションに加えてストリングスも入ったバンド構成なのが功を奏していました。

中でも「雪降る夜のバラード」は、ストリングスの音色の美しさと二人の歌唱力が相まって、思わず涙が…!
気が付けば、2人になってからの東方神起の楽曲もかなりの数になりましたが、今でもやっぱり5人時代の楽曲のほうが全体的に優れていると感じる私ですが、「雪降る夜のバラード」は、2人になってからのバラードの中で最高傑作ではないでしょうか!

楽曲といえば、今回のセットリストは、過去曲のセレクトが私好みでよかったです。
2人時代では、「Disvelocity」「Hide&Seek」など、シングルカットされていないマイナー曲をあえてチョイスするニクい戦術、そして5人時代では、「My Destiny」「Stay With Me Tonight」と、どちらも閉っておくのはもったいない名曲です。
「My Destiny」「Stay With Me Tonight」は、今回のツアーでぜひやりたいとユノが激押しして実現したとMCで語っていました。

しかし、「Summer Dream」「Somebody To Love」は、個人的には食傷ぎみです。
バンドにホーンセクションが加わったことだし、「Summer Dream」を、ホーンが映えまくる「甘く果てしなく」に変えてほしいと願ってやみません!

合間に挟まれるVCRは、映画『スタンド・バイ・ミー』を意識した、古い時代のアメリカが舞台のドラマ仕立てで、昔、二人はバンドをやっていたという設定で、当時の演奏風景のフラッシュバックで、「Cheering」をビートルズ風の“バンドサウンド”で演奏しており、そのアレンジがさりげなくカッコよかったです。

達者すぎる日本語のMCは今回も言わずもがなで、初日のMCで、チャンミンが「若干」という言葉を使ったのがツボりました。
チャンミンは、「思っております」とか「・・・しております」という丁寧語を最近よく使っていて、さすが日本語上級者だなあぁと感心していましたが、ユノも使うようになっていました。

今回のステージは、配置や動きが斬新な設計のせいか、次の曲の立ち位置に移動するのに、二人がアリーナの通路を歩いてはけるシーンがあり、アリーナのその通路に近い席の方はラッキーです。

それにしても、2日目に間近で観れた生の二人は、綺麗すぎて、この世の物とは思えませんでした。
アイドルになるべくして生まれたとしか言いようがありません!
そして、2日目は、何といっても「WHY」のときのチャンミンの目力がハンパなかった!
目から炎が出てました!

ということで、まだ始まったばかりのツアーなので、これからさらに進化して、さらによいステージになるのは間違いないでしょう。
 【追記2】The Crown


英国女王エリザベス2世の半生を描いたドラマ『ザ・クラウン』を、ただ今、大急ぎで鑑賞中!
というのも、11月17日からスタートするシーズン3に、コリン・モーガン出演予定との情報を入手したからです!
推しが出るからには、それまでにストーリーをきっちり頭に入れておかねばなりません!

このドラマは、制作当初からシーズン6まで作ることが決まっている、Netflixの気合い満々のドラマで、エリザベス2世女王の20代から始まり、最後はどのあたりの年代になるのか分かりませんが、それぞれの年代に合わせて役者陣が総入れ替えされるのがポイント。

1話1話の内容が濃く、歴史全般に疎い私は、このドラマを観ることで当時のイギリスの社会的・政治的出来事の勉強にもなり、なにより、英国王室の豪華絢爛なお屋敷など、セットがとにかく素晴らしく、実際に使われているロケ地巡りをしたくなります。

シーズン1と2でエリザベス2世女王を演じていたクレア・フォイに代わり、シーズン3で主役を演じるのは、オリヴィア・コールマン。
ティーザーを見ただけでもオリヴィアの演技力が炸裂しているのが分かる、さすがの貫禄で、オンエアがますます楽しみ。

しかし、このドラマは登場人物があまりに多くて、シーズン3で描かれる年代にイギリスで何があったかも分かっていない私は、肝心のコリンが一体誰の役で登場するのか、全く想像がつきません!
とにかく、出番が多いことを願うのみです!

ということで、この3連休中にどこまでエピソードを消化できるか?
がむばります。

【追記1】
シーズン3で登場するコリンの役は、ガーディアン紙のジャーナリスト、John Armstrongと判明!
説明によると、ロイヤルファミリーを嫌っているらしい。
何かロイヤルファミリーをこき下ろすような記事を書いて、世間を騒がせるとか?
私の乏しすぎる想像力では、これ以上広げられないのが辛い…(汗)
何はともあれ、楽しみに待っています!

【追記2】
John Armstrongは、エリザベス2世女王の夫フィリップ王子の母親アリスにインタビューした人物で、アイルランド人のジャーナリストだそう。
シーズン3にアリスがフィーチャーされるエピソードがあり、その回にコリンが登場するのは間違いないかと。
それにつけても、コリンファンのリサーチ力、素晴らしいっ。
 PATRICK MELROSE


前々から気になっていた、ベネディクト・カンバーバッチ主演のTVドラマ『パトリック・メルローズ』を観ました。

英国貴族階級に生まれ育ったパトリックは、幼い頃に実の父親から性的虐待を受け、それがトラウマとなり、ドラッグ、酒、セックスに溺れる破滅的な生き方しかできない日々を送るも、父親の死をきっかけに更生し、全うな生活を手に入れる。
しかし、その生活も長くは続かず、またしても壊れていくパトリック…。
それでも、彼をずっと苦しめてきた父親をはじめ、母親、父親の友人の死を経て、最後はまともな生き方をしたいと望むパトリックの生命力が勝り、再生するという、最強ジェットコースター人生を描いたドラマ。

この作品は「ダークコメディ」だと制作陣は語っていますが、笑える要素はいったいどこに?
特に、ドラッグと酒まみれの狂った生活を描いた第1話と、幼少期の辛すぎる日々を描いた第2話は、観ているこちらの気力・体力を奪われ、自分自身の健康状態がよろしくないとかなりダメージを食らってしまう、強力なアクが…。

しかし、そのアクに惹きつけられるのも事実で、気が付けば一気見。
なにより、演じる役者の巧さが光っています。
実は、ベネディクト・カンバーバッチの出演作をちゃんと見るのはこれが初めてなのですが、とにかく演技が素晴らしい!

脇を固める俳優陣も巧者揃いで、中でも、パトリックの母親役のジェニファー・ジェイソン・リーは、若い頃からしんどくてクセのある役ばかり演じている印象でしたが、その健在ぶりに感心。
他にも「この人は〇〇に出てた…!」と、他の作品で見たことのある俳優たちが多く出演していて、そういう発見も楽しかったです。

パトリックの両親といい、周りの大人たちといい、上流階級の人たちの底意地の悪さはハンパなく、父親からの性的虐待はもちろん、あのような環境で育ったら病まないわけがないと思う一方、ありとあらゆるドラッグをキメまくって酒も浴びるように飲む日々で、よく死ななかったものだと。
パトリックの、その強い生命力の源はなんなのか?
とにかく、パトリックには穏やかな人生を送ってほしいと願うばかりです。
 PEAKY BLINDERS シーズン5 の次は…


お気に入り俳優ジャック・ローワン出演のTVドラマ『ピーキー・ブラインダーズ』、最新シーズン(シーズン5)がNetflixで配信開始されました。
ジャックくんの活躍ぶりを楽しみに、さっそく第1話から見始めたのですが、な、なんと!
第2話までお預けを食らった上に、出てきたとたん殺されるという、まさかの展開!

ピーキー・ブラインダーズのライバル、グラスゴーのギャング集団、ビリー・ボーイズに狙われたジャックくんは、イエス・キリストのように十字架にはりつけにされたあげく、銃で打ち抜かれます。
所要時間は、約2分といったところ。

これは、どうかしているとしか思えない出番の少なさです!
しかも、容赦ない残虐な殺され方で…。
ショック過ぎて開いた口が塞がりませんが、でも、なんとか気を取り直して最後まで見届けました。

ついに政界に進出したピーキー・ブラインダーズのリーダー、トミーの今シーズンの標的は、独裁政治でイギリスを統治しようと息巻いているファシスト、オズワルド・モズレー。
モズレーは、ビリー・ボーイズとも繋がっています。
モズレー側に付いて表向きは協力していると見せかけ、裏で虎視眈々と殺しの計画を立てるトミー。
そして、計画はまんまと成功し、更なる野望の階段を上がるトミーなのだった…、と思いきや!
ピーキー・ブラインダーズの内部に裏切り者がいるのか、計画は失敗!
モズレーとの闘いは、来シーズンに持ち越しです!

ジャックくんの早々の離脱もビックリでしたが、ストーリーが定石どおりの展開にならなかったのもビックリ。
こんな終わり方をされてしまったら、来シーズンも見ざるを得ません!
オズワルド・モズレー役の俳優サム・クラフリンが、正統派イケメンで好き系だったのもあるし。

気になったのは、血の気の多いトミーの兄貴、アーサー役の俳優ポール・アンダーソンがげっそり痩せていて、なにか健康状態に問題があるのではと心配になりました。
何もなければよいのですが…。

ジャックくんは残念ながら降板となりましたが、次は『Noughts&Crosses』というTVシリーズが待っています。
こちらは堂々の主演ということで、今からオンエアが楽しみです。
といいつつ、日本でやってくれるのかどうかわかりませんが…。

イギリス本国でも、ジャックくんはまださほど知られていない俳優と思われますが、私の予感では『Noughts&Crosses』でグンと知名度が上がるはず。
実は、『ピーキー・ブラインダーズ』の降板は、『Noughts&Crosses』の撮影があったからではないかと踏んでいるのですが、どうなんでしょうか。

| home |