ベニエ座 ライブのお知らせ
春はアマチュア・ミュージシャンが参加できる音楽イベントが目白押しですが、ベニエ座はどこにもエントリーしていません…。
でも、ライブは演らせていただきます!

日程:5月13日(土)
時間:18:00開場 18:30開演
場所:Doors in Heaven 大阪市中央区東心斎橋2-1-10 新栄プロパティ八幡6F
料金:No Charge(別途、飲食代要)
出演:ベニエ座、Music Basket、Plenty Lovin'
※ベニエ座の出番は、18:30頃の予定です。


なんと、ベニエ座に新メンバーが加入しました!
しかも、まだ20代という若さのキラキラ女子です!!
あぁ、眩しいっ!眩しすぎるっ!!
ということで、ミラーボールな(?)ベニエ座のステージを、ぜひ観に来てくださいませ~
 お気に入りキャフェ in 福岡
福岡に来て1年3ヶ月経ったところで、まだまだ開拓中ではありますが、キャフェ好きの私が、それなりに街を巡って見つけた、いい感じの、行きつけのキャフェをご紹介します。

■REC COFFEE
reccoffee.jpg

福岡市内にいくつかお店がありますが、私が行くのは、博多マルイ店です。
職場が博多駅方面なので、博多駅近辺が一番立ち寄りやすく、中でもマルイは駅前ということで、とにかく立地がよいので、一番よく足を運んでいます。
このお店では、キャフェラテを頼むと、ミルクは入れずにテーブルに持って来て、目の前でラテアートを作ってくれます。


■カフェ ミエル
mierucoffee.jpg

博多駅の地下街という好立地にありがなら、お店に入ると、繁華街の喧騒はどこへやら?というほどとっても静かで、昭和レトロな純喫茶そのままの外観と内装も素敵で、落ち着きます。
このお店は、コーヒーの量が多いのもポイント。
写真では分かりにくいですが、キャフェオレボール並みの大きさのカップで出してくれます!
19:00閉店なので、仕事が早く終わったときでないと行けないのがアレですが…。


■manu coffee
manu.jpg

こちらも福岡市内にいくつかお店がありますが、私が行くのは、大名店です。
天神駅から少し距離があり、さらに路地裏の分かりにくい場所にある、こだわりの内装とBGMがオサレなキャフェ。
オサレなお店にはオサレなピーポーが集まるのか、客層はオサレ感度の高い若者が多いです。
このお店は、コーヒーだけでなく、古田サンドというサンドイッチも美味しくてお気に入りです。
 ひとりっぷ トークイベント
hitorip1

昨日は、女子ひとり旅に特化した究極の指南本「今日も世界のどこかでひとりっぷ」の著者、ひとりっP(ひとりっぴー)さんのトークイベント「“ひとりっぷ”の必携品全部見せます!究極的旅支度解体新書~アナトミア~LIVE!」に行って来ました。

これまで400回を超える海外旅行のうち、350回はひとり旅という、ひとりっぷの達人、ひとりっPさんの旅支度について、旅行カバンからその中身まで、なぜこれが必要なのか、これの何が優れているのか、などなど、旅の思い出話を交えながら一つ一つ丁寧に解説してくれる、とても実用的かつ楽しいトークイベントでした。

意外だったのは、これだけ旅慣れた人だと、荷物は出来るだけ少なく、現地調達できるものは現地で調達する、みたいなスタンスかと思いきや、ひとりっPさんの持ち物は決して少なくなく、むしろ多い、って感じで、それは、海外では行く場所によって、ちょっとした日用品(シャンプーとか洗濯用の洗剤とか)でも意外と売ってなかったりするからだそうです。
せっかく旅行に来たのに、そんなものを探すのに時間を費やすのはもったいないと。

そして、旅慣れているといっても、女子ひとり旅なので、パスポートは日本のパスポートだと分からないようにカバーをかけるとか、スーツケースに付けるタグは、名前の部分が隠れるカバーの付いているタイプを選ぶとか、カバンにかける鍵は予備をいつも携帯しているとか、防犯に対する対策や、何かあった時の備えをしっかりされています。

ひとりっPさんの持ち物で、私もぜひマネしようと思ったのが、アロマディフューザー。
旅先のホテルの部屋の臭いが気になるとき、これがあると一気にリラックスできるそうです。
私も、先日泊まった大阪のホテルが喫煙の部屋だったため、たばこ臭が気になり(とはいえ、そのわりにはあまり臭っていなかったほうだと思いますが)、さっそくゲットして、これから泊まりのときは持参したいと思います。

ひとりっPさんは、なんだかんだ持参するものが多いので、それらをいかに軽くさせるかを重要視していて、細々した物をいれるポーチとかカバンとかは、登山系ブランドやレスポートサックを愛用しているのもポイント。
素材が軽くて、なおかつ丈夫で、ポケットがたくさんあって使い勝手がよいということで、レスポートサックは私も使っているのですが、登山系ブランドはノーマークだったので、こちらもマネしようと思います。

カバンといえば、今のスーツケースは4輪駆動タイプが主流で、街中でもこれ系のスーツケースを転がしながら歩いている旅行客をよく見かけますが、ひとりっPさんは、2輪タイプをおススメしていました。
2輪タイプのほうが、車輪が大きくて階段に強いのと、スーツケースだと開けるときに横に倒して開けなければならず、上から下に開くタイプのほうが何かと使い勝手がよいことと、4輪駆動を転がしている姿は、なんとなく旅慣れてない感が漂っているのが嫌だと(笑)。

hitorip2

ひとりっぷの色んなお役立ち情報は本にも載せてくれているのですが、やはり、ひとりっPさん直々にお話しを聞くと、より説得力が増します。
私も香港とかにさっそくひとりっぷしてみたいです。
 東方神起 FILM CONCERT 2017 ~TILL2~ at 福岡国際センター ’17.3.23
till2.jpg

3月23日は、東方神起のフィルムコンサート第2弾「TILL2」に参戦しました。
1日2回公演の両方ともに申し込んだら、両方とも当たったため、2回参戦です。

第一弾の「TILL」の時は、東京方面の会場では、サプライズゲストが来てくれるサービスがありましたが、福岡は本編上映のみだったので(泣)、今回はどうなのかなぁと思ったら、ゲストが来てくれました!
お馴染みのMC、みんしるさんを司会に、東方バンドのバンマス、かきやんと、東方ダンサーズのユーキさんが!

かきやんは、東方神起の曲で特に好きなのは「Time Works Wonders」と「Duet」で、この2曲をかきやんがリアレンジしたバージョンが収められているアルバム「Two of Us」をちゃっかり宣伝&自画自賛!
そして、二人が戻ってくるまでに16キロ痩せると約束したけど、約束が果たせていないとの現状報告も(笑)。
それでも5キロほどは減ったそう。
チャンミンは、かきやんのお腹をさすりながら「痩せなくていいです」と言ってくれて、ユノは「頑張ってください」と言ったと。

ユーキさんは、「SCREAM」のPV撮影の合間に、チャンミンから振付けの質問を受けて「こうこうこうで~」って教えたけれど、実は自分もまあまあ曖昧で、あまり分かっていなかったと暴露。
このシーンは、「SCREAM」のオフショットムービーに収められていて、チャンミンが「ユーキさん!」と呼ぶ、その呼び方が可愛くて、何回もリピっていたので、個人的によく覚えています(笑)。
あと、二人はめちゃめちゃお酒が強くて(皆が思っているより何倍も強いそう)、一緒に呑むと、全員!潰されると!
さらに、辛いものもよく食べさせられて、20倍の辛さの麻婆豆腐を食べたときは、翌日、お腹が大変だったと告白。
チャンミンはそんな辛さも全然平気で、ユノは「これは辛いっ」と言っていたらしい。

TILL2は、会場がアリーナクラスということもあり、本編では、本当のライブさながらの照明に、爆竹、スモークなどの演出効果もあり、さらに、トロッコまで登場!
トロッコには、すっかり人気者のゆるキャラ「TB」が乗り込み、フリスビーを客席に投げ込むサービス付き。
本人不在の中、TBが大活躍です。
TBは着ぐるみなので、手が掴みにくいのか、フリスビーが全然遠くまで飛ばなくて、ヨロヨロと落ちていく様が、なんとも微笑ましい。
トロッコはスタッフさんが後ろから押して動かしていたり、スモークの噴射が、なんとも微妙な噴射具合だったりと、ハンドメイドなアットホーム感が和みました。

大画面で観るライブ映像は、二人はもちろんのこと、ダンサーやバンドメンバーの表情もとてもよく映っていて、「Rising Sun」で、歌を口ずさみながら踊っているダンサーのSONNYさんや、TREEツアーでベースを弾いていたワタル(鈴木渉)の、注目せずにはいられない独特な腰振りなどが印象的でした。

セットリストは、ベストアルバム的な、ツボを押さえたセレクトで、中でも、やっぱり「Rusty Nail」がよかった!
このチャンミンは、曲といい、衣装といい、ビヨンセ演出(風に吹かれる演出です)といい、何もかもが完璧にフィットしていて、何回観ても素晴らしいっ!
このパフォを超えるチャンミンソロが、果たしてあるのか?というほど、チャンミンを語る上では欠かせない、歴史に残る名シーンです。

今回、夜の部では、座席がアリーナ真ん中の前から4列目という、これが本物のライブだったらどんなに神席かという場所で、オフィシャルサイトにアップされている記念撮影の写真にも、顔が判別できるレベルで写っていました。
とはいえ、相当拡大して見ないとアレですが(笑)。

ということで、早く本物のライブが観たいです!
 ミールスが美味しい
meals.jpg

前々から気になっていたお店「ゼリージュ」にて、南インド料理のミールスを食べました。

ミールスとは、定食という意味だそうで、大きなお盆の上に、ごはん(インド産の米)を中心に、それぞれ味付けの違うカレーの小鉢が数種類と、野菜のおかず、日本でいう漬物的な役割のスパイス、ヨーグルトなどが盛り付けられた、豪華なワンプレート”定食”です。
複数のカレーをご飯の上で混ぜ合わせて、お好みの味付けで食すというスタイル。

これまで、私の中のインドカレーのイメージは、ドロッとした、コッテリ系のルーで、ナンと一緒に食べるスタイルでしたが、これは北インドのカレーで、南インドのカレーは、野菜や豆中心で、ルーに小麦粉が使われていないので、サラッとしたスープ状態で、とてもあっさりしています。
今まで、北インドのカレーしか知らなかった私には、衝撃的でした。
しかも、どれもこれもめちゃ美味しい!
注文前は、こんな大皿に沢山盛ってあるので、一人で食べきれるのか心配でしたが、脂っこくなくてヘルシーな野菜中心なので、全然大丈夫でした(笑)。

食後は、これまた南インドでは定番の飲み物(らしい)、マドラスコーヒーを飲んでみました。
味はミルクコーヒーで、それが泡立っている状態なのが特徴。
コーヒーが苦手な人でも飲める、どこか懐かしい味がするミルクコーヒーでした。

これからは、カレーは南インドがいいなと確信。
また食べに行きたいです。
 ラ・ラ・ランド


本年度のアカデミー賞をはじめ、数々の映画賞を受賞しまくっている話題の映画「ラ・ラ・ランド」を観ました。

ハリウッド女優を目指し、オーディションに奮闘中の女優の卵、ミアと、生活のためにやりたい音楽を封印し、お金になる音楽をしかたなく演奏しているミュージシャン、セバスチャンの二人が、出会い、恋に落ち、夢を追いかける様を描いたミュージカル映画。

現代を描いた物語なのに、往年のミュージカル映画を彷彿とさせる映像感が印象的で、なにより、セバスチャン役のライアン・ゴズリングがとてもカッコよくて(スーツ姿がキマッてる!)、そのビジュアルに引き込まれました。
中でも、不本意ながらも、今風の音楽を演っているジョン・レジェンド率いるバンドに参加したら、本人の気持ちとは裏腹にバンドはどんどん売れていき、その現実と理想のギャップを処理しきれないままステージに立ち、演奏するシーンは、セバスチャンの心に抱えている葛藤が、どこか影のあるフェロモンを放っていて、とてもセクシーでした。

一方、バンドのセンター役を務めるジョン・レジェンドが、どうにも様になっていなくて、なんかダサい、というのもかなり気になりました(苦笑)。
ジョン・レジェンドといえば、今、売れてるソウル系ミュージシャンで、ピアノを弾きながら歌うスタイルが定番ですが、この役は、ギターを弾きながら歌う設定で(セバスチャンがピアニストだから、楽器がカブるとアレだからでしょうか?!)、どうにもギターが似合ってなくて、キメキメのステージ衣装も着せられてる感満載で、本来であればカッコいい役柄のはずなのに、なんかダサい、という残念な結果に…。

ミアとセバスチャンが、いつの間に惹かれあったのかが省略されすぎて追いていけなかった場面もありましたが(汗)、叶ったこともあれば、叶わなかったこともある、それが人生という、ほろ苦い物語がよかったです。
 フィンランド・デザイン展とパンケーキ
finland (2)

フィンランド・デザイン展に行って来ました。
フィンランドを代表するデザインブランドである、マリメッコ、イッタラ、アラビアなどで活躍するデザイナーの作品から、ムーミンの作者、トーベ・ヤンソンのムーミン関連まで、フィンランドの過去、現在を、デザインを通じて紹介する展覧会です。

フィンランドといえば、私の中では、アキ・カウリスマキ監督の映画のイメージ。
アキ・カウリスマキ監督は、いつも、お金と縁のない質素な人たちを描いていて、でも、映画に出てくる部屋のインテリアは、質素ながらもどこか可愛くてオシャレなのが印象的で、この展覧会を観て、改めて、フィンランド人の生活に深く根付いているデザインセンスのよさに感心しました。

beanscafe.jpg

展覧会の後は、西新にある「Bean’s Café」で、パンケーキを。
かなりエアリーな、ふわふわ食感がナイスです!
甘くないので、3枚重ねも難なく完食(笑)。
このお店は、ワッフルも美味しいとのことなので、今度はワッフルを食べに訪れたいです。

| home |