FC2ブログ
 クレイジー・リッチ!


シンガポールを舞台に、オール・アジア系キャストで描くハリウッド産・ラブコメディ「クレイジー・リッチ!」を観ました。

ニューヨーク大学で教授として教鞭を執るキャリア女子、レイチェルは、恋人ニックから親友の結婚式に一緒に来てほしいと誘われ、ニックの故郷シンガポールへ向かうも、なんと、彼はシンガポールで超リッチなセレブの御曹司だった!
身分の違いをあからさまにマウンティングする周りのセレブ女子や、息子の彼女に由緒正しくない一般ピーポーは受け入れられないと、あの手この手で拒否するニックの母親など、厳しい試練に立ち向かうレイチェルの恋の行方はいかに!?

それにつけても、レイチェルは、ニックは家のことを話したがらないからシンガポールに行くまで超セレブとは知らなかったという展開は、今のご時世、本人がしゃべらなくてもそこまでの大物であればどこからか何かしら情報が入ってくるだろうにと思ったのが、この映画の一番のツッコミどころでした。
しかし、レイチェルが恋人の素性を知らなかったという設定がないと、話はそもそも成り立たず…、そんな作品の根本的なところに疑問を持ってしまったことと、ストーリーが最後まで王道のラブコメで、大どんでん返しがある風な宣伝文句の割には何のひねりもなかったところが、前評判ほどは楽しめなかったです。

この作品には、イギリスのTVドラマ「HUMANS(ヒューマンズ)」で、私の超推し俳優コリン・モーガンと共演しているジェンマ・チェンがニックの従妹役で出演しており、一人異次元のビューティーでスクリーンを圧巻、綺麗な役どころとはいえ、あまりの美しさに、主役のコンスタンス・ウーよりも誰よりも印象に残りました。

一方、ニックの母親役のミシェル・ヨーは、少し見ない間に(と言いつつ、だいぶ経っていると思いますが)、老けていました。
体を張ってアクションしていたイメージが強いだけに、年を取った感がどうしても…。

印象に残るといえば、サウンドトラックが、中華な音楽をジャジーにアレンジしたり、英語のナンバーを中華テイストでカバーしたりと、センスが良いです。
確かパーティのシーンで、バンドがテレサ・テンのナンバーをジャジーに歌っていたのが特に気に入りましたが、曲名が思い出せず…。
そして、この作品のテーマソング的な役割を果たしている、ビートルズが歌っていた「Money」という曲をCheryl・Kというアーティストがカバーしたナンバーは、Cheryl・Kの力強い歌声が、主人公のレイチェルをはじめ、登場する女性陣の逞しいキャラととてもマッチしています。

私には一生縁がないと思いますが、飛行機のファーストクラスには、ベッドが付いていることをこの映画で知りました。
ベッドで寝られるのなら、長時間のフライトも苦にならなさそうです。

お金持ちの男性が選ぶ女性は、ト〇ンプ大統領や、日本で最近話題のZ〇Z〇TOWN社長のように、モデルや女優といった見た目の華やかさだけを重視しがちなイメージがありますが、レイチェルの恋人ニックのように、そうではない人が現実の世界にもいることを願います。
 東方神起 LIVE TOUR 2018 ~TOMORROW~ at マリンメッセ福岡 '18.10.7
tomorrow20181007.jpg

東方神起ライブツアー2018「TOMORROW」、通称「明日コン」、福岡2日目に参戦しました。
今年1月のビギアゲツアー以来、実に9ヶ月ぶりのトンライブ参戦です。
実は、この9ヶ月の間に私の心境に変化があり(詳しいことは、当ブログに記しているので端折りますが…)、今ツアー参戦は、ファンクラブ枠で当たったこの1回こっきりです。

明日コンはアリーナツアーということで、福岡会場は、マリンメッセ福岡。
やはり、ドームに比べてアリーナは全然狭い!
そして、座席は、スタンド席Bの、前から2列目!
メインステージからは離れているものの、トロッコが来たらかなりの至近距離で拝める良席です!

セットリストは、ニューアルバム「TOMORROW」の曲をメインに、過去のアルバムからのナンバーも散りばめたラインナップで、驚きなのは、「WHY」「Rising Sun」「Somebody To Love」「ウィーアー!」といったド定番が全く入っていないこと!

そして、前から欲しい欲しいと思っていたホーンセクションが、ついに実現したのが何より嬉しい!
やはり、キーボードで代用していたホーンと生のホーンでは、音が全然違います!
個人的に、特にその威力を発揮していたと感じたのは、「SURISURI」「Jealous」「Special One」。

「SURISURI」は、ジャジーな曲調にホーンがクールに乗っかり、洗練されたダンスが見ごたえたっぷりで、これまでに観たことのないゴージャスな仕上がり。
「Jealous」は、11月発売の新曲で初めて聴きましたが、これまた大人な雰囲気のダンスナンバーで、東方神起のこれからの路線は、決して間違っていないと確信できるナンバー。
「Special One」は、バンド&ダンサー紹介の時に演奏していて、ホーンがパキパキにキマッったアレンジがめちゃくちゃカッコいい!
これを聞いて、この曲のベースラインはスティーヴィー・ワンダーの「Superstition」が元ネタ?と気づきました。

これまでの東方神起のライブは、ド定番のダンスナンバーが象徴しているように、とにかく激しい振付で、二人は毎回、命を削りながらライブしているような印象がありましたが、明日コンのダンスナンバーは、いい感じに抜け感のあるダンスで(とはいえ、きっと踊っている方は大変なのでしょうが)、ステージで倒れやしないかとハラハラすることなく観られました。
しかし、この日は、ラストの「“O”‐生.反.合」で、チャンミンが左の足首を痛めたみたいで、途中からあまり踊れていなかったので、明日以降大丈夫なのか心配ですが…。

チャンミンといえば、事前情報によると、今回、チャンミンのビジュアルがとてつもないレベルに達しているとのことで、チャミペンとしては大いに期待して臨みました。
ちょっと緑っぽくも見える明るい髪色については、もう少しトーンを抑えたほうが個人的には好みですが、確かに、おっしゃるとおり、これは凄い!
でも、今回、もっと私の心を持っていかれたのは、ユノです!

というのも、アンコールでいよいよトロッコが走り出し、ラッキーなことに私の座席のすぐ近くでユノのトロッコが止まり、これまでのトンライブ参戦史上、最も至近距離で拝むことが出来たのですが、それだけでなく、なんと、私に向かってユノが手を振ってくれたのです!!!
ひょっとしたら、私の座席付近の人たちも同じように自分に手を振ってくれたと思っているかもしれませんが、間違いなく、ユノの目線は私に向いていたのです!(自慢です、すみません)
きゃ~~~~~~!
そして、生ユノ、めちゃくちゃイケメン!!!
ユノがあまりにイケメンで、過呼吸になりそうでした。
ほんの数秒の出来事でしたが、その破壊力たるや凄まじかったです…!

一方、チャンミンのトロッコは、アリーナ側にファンサービスしていて、顔を拝むことはできず…。
その代わり、チャンミンのお尻をこれでもかというほど拝み続け、しっかりと目に焼き付けました。
至近距離で観た生チャミは、思ったほど細くない印象。
スレンダーなのは間違いありませんが、ライブツアーを乗り切れるだけの体力は十分ありそうな細さで安心しました。

明日コンは、これからの東方神起の方向性をファンに提示する意味合いが込められたライブで、今まで観てきたライブとは違うことは確かです。
そして、その方向性は正しいというか、とても素敵でイケてると思いました。
 英国フェアで散財
ロンドン旅行してからというもの、”イギリス”にやたら反応してしまう今日この頃。
博多阪急にて「英国フェア2018」が開催されるとのことで、さっそく足を運びました。
案の定、散財…。
ということで、今回、ゲットしたものを紹介します。

■アンティークの器
utuwa.jpg

パッと見て一目ぼれしてしまい、しかし、値段がアレなのでどうしようか迷っていたところに、店員さんがやって来て、この器はDavidsonというメーカーの1890年のもので、100年以上も前の製品との解説が。
その話にすっかり舞い上がり、まんまとお買い上げ(笑)。
さっそく家に帰って、同じく英国フェアでゲットしたラズベリージャムとクロテッドクリームを器に盛り、ロンドンの5ツ星高級ホテル「ザ・コノート」のスコーンを食しました。
それにつけても、スコーンがめちゃくちゃ美味い!


■スキティー
sukitea.jpg

北アイルランドのベルファストで創業したお店の紅茶ということで、北アイルランドといえば、私が只今絶賛どハマり中の、コリン・モーガンの生まれ故郷!
コリンはアーマーという地方の出身ですが、ベルファストは、コリンを知るきっかけになったTVドラマ「ザ・フォール」の撮影場所でもあり、居ても立っても居られず購入。
レッドベリー・ティは、すっきりと上品な酸味が喉に心地よく、これまた美味い!


■ソーセージロール
ソーセージロール

イギリスのソウルフードといえば、フィッシュ&チップスが先ず思い浮かびますが、ソーセージロールもイギリスの国民食なのだそう。
まだ食べたことがなかったので、さっそく買って、その場で食しました。
ぶっといポークソーセージがとてもジューシーで、それをパイ生地で包んでいるという、この組み合わせがナイス!
ソーセージロールはあまり馴染みがないせいか(私もつい最近まで知らなかったし…)、並ばずにすぐ買えましたが、美味しいのでもっと人気が出てほしいです。


■コッツウォルドハニー&ラズベリージャム
はちみつ

はちみつは寒くなると結晶状に変化しますが、コッツウォルドハニーはわざと結晶状にしたものなので、食感がとてもなめらかでジャリジャリしていません。
そして、濃厚な味わい!

ウェンディさんの手作りジャムは、解説によるとイギリスでも一部の高級有名店でしか手に入らないらしい。
さすが、丁寧に手作りされた希少品だけに、美味しさは間違いなし!

ロンドン旅行中は、食に関してはあまりイギリスっぽくないものを食べることが多かったので、この英国展で挽回しました。
 歯列矯正 9ヶ月経過
歯列矯正開始から、9ヶ月が経過。
つ、ついに、前歯の噛み合わせが逆転!
上の前歯が下の前歯よりも外側に出ました!
パチパチパチ!

と言いつつ、この日を待ち望んでいたわりには、そこまでコーフンはしていません。
ある朝突然、前歯が逆転していたら「ワオ!」となったと思うのですが、本当にじわじわと少しずつ少しずつ歯並びが変化していった結果なので、喜びもじんわりとした感じです。

さて、ここからは、いよいよ終盤戦に突入、上下の歯にゴムを引っ掛けて噛み合わせを調整する顎間ゴムの開始です。
上の奥歯と下の犬歯の装着器具にフックがあり、そこにゴムを引っ掛けて2本の歯を結び、ゴムの力を利用して下の歯をより引っ込ませようという作戦。

食事や歯磨きの時以外はゴムを付けておく必要ありとのことで、自分でやる作業になるため、ゴムと、ゴムを装着するための道具一式を渡されました。

elastic1.jpg

elastic2.jpg

パッケージも道具もかわいいです。

面倒くさがりの私は、食事の時も付けっぱなしでも大丈夫なのか聞いてみたら、先生は「大丈夫」と答えてくれましたが、実際にやってみると、ゴムが邪魔で舌が自由に動かせないことが発覚、外さないと無理と分かりました(笑)。
マウスピース作戦の時の着け外しの煩わしさからやっと解放されたと思いきや、すぐさまゴム掛けに突入で、またしても面倒な展開に…。
しかし、一刻も早く歯列矯正から卒業したい身としては、サボるわけにはいきません!
マジメにがむばります!

今回は、前歯逆転記念として、歯並び自撮り日記からビフォア・アフターの写真を公開したいと思います。

20180108.jpg

歯列矯正開始したばかりの写真。
受け口で、上下の歯の中心がズレていて、すきっ歯で、ワイヤーがかなり波打っています。


20181001.jpg

9ヶ月後の写真。
正常咬合で、上下の歯の中心が揃い、歯と歯の隙間なく、ワイヤーが真っすぐになっています。
両端に見える斜めにかかった白い物体が、顎間ゴムです。

写真を並べると、かなり仕上がってきているのがよくわかります。
 アナザー・カントリー


80年代のイギリス耽美映画「アナザー・カントリー」が、スターチャンネルで無料放送されるとのニュースに、この映画を観た当時の自分の熱狂ぶりが蘇り、思わずリアルタイム視聴しました。

30年以上も前の作品なので(しかし、そんなに時が経っているとは……)、話の内容は忘却の彼方へ消え去り、主演のルパート・エヴェレットがただただ美しかったことと、ルパートと恋に落ちる青年役のケイリー・エルウィスに一番ハマったという記憶しか残っていませんでしたが、数十年経った今、改めて観ると、当時はそそられなかったコリン・ファースに一番目が行き、一番夢中だったケイリー・エルウィスがどうでもよくなっているという変化が。

コリン・ファースは、私の中では、年を取った今のほうが魅力的で、若い頃はそこまでではなかったのですが、いやいや、若い頃も美青年ではないですか!
当時は、ブロンドで顔が綺麗な分かりやすい王子様系が好きだったので気づきませんでした…。
そしてなにより、演技が上手い!
この作品は、ガイ(ルパート)とジェームス(ケイリー)の同性愛よりも、ガイとジャド(コリン)の友情関係のほうに重きを置いているのも改めて気づいた点で、コリンは、共産主義にどんどん傾倒していく、ひねくれ者の役どころをクールに演じていて、今も第一線でバリバリ活躍している背景には、この確かな演技力があるからではないかと思った次第。

そして、ガイがジャドに言い放った、衝撃の告白、
「I am never going to love women!」
こんなセリフがあったこともすっかり忘れていましたが、この告白を聞いて、思わず大ハマりしたイギリスのTVドラマ「Queer As Folk」での、チャーリー・ハナムのセリフ
「I’m gonna be gay forever.」
を思い出しました。
QAFのこのセリフは、アナザー・カントリーのあのセリフへのオマージュか!?

ということで、昔観た映画を、時を経て改めて観てみると、当時とはまた違った観かたが出来るものですね。
自分自身の変化や色んな発見があって楽しいです。
 海外ひとりっぷ おすすめアイテム
ロンドンひとりっぷの旅行記は大量に記しましたが、今回は、私なりの海外旅行に持っていくべきおすすめアイテムをピックアップしたいと思います。

■スーツケース

goods1.jpg

今回、海外旅行するにあたりスーツケースを新調しました。
Eagle Creek(イーグルクリーク)の、ギアウォーリアー 29。
イーグルクリークは、ひとりっぷの達人、ひとりっPさんご愛用ブランドで、私もマネっ子して購入。

ポイントは、
・外ポケットがたくさんあるので、荷物の整理・出し入れが楽チン
・四方八方に持ち手があるので、ターンテーブルからささっと引き取れ、階段の昇り降りといった過酷なシーンでも運びやすい
・車輪が大きくて丈夫
・ソフトタイプのスーツケース使用人口は少ないので、ターンテーブルから見つけやすい
・ソフトタイプのスーツケースはハードタイプのスーツケースよりも旅慣れた感が醸し出せる

などなど、メリットが多いです。
サイズは29のさらに上の32もあり、どちらにするか迷いましたが、3泊5日の旅は29サイズでちょうどよかったです。
現地で色々モノを買ってもまだ余裕がありました。
ちなみに、1泊2日、2泊3日程度の軽い旅行用のキャリーバッグもイーグルクリークを愛用中です。


■はおりもの

goods3.jpg

飛行機内の寒さ対策の必需品、はおりものとしておススメなのは、mont-bell(モンベル)のウルトラライト・ジャケット。
極薄ですが、これ1枚で十分暖かく過ごせ、しかも、裏側に付いたポケットにどんどん詰め込むと、手のひらサイズに収まる優れもの!

goods5.jpg

超軽量でコンパクト!重宝します。


■ノイズキャンセリングイヤホン

goods6.jpg

旅行と言わず普段使いでもおススメしたい、ノイズキャンセリングイヤホン。
乗り物のゴー音を見事にシャットアウトしてくれて、音楽、セリフがストレスフリーで耳に心地よく楽しめます。
耳栓替わりにもなるので、機内の話声などがうるさいときにも使えます。


■携帯フットレスト

goods4.jpg

エコノミークラスで10時間を超える長時間フライトだと、フットレストがあるのとないのとでは足の疲れがだいぶ違うと思います。
これと併せて、圧着ソックスを履いておくと万全です。


■霧吹き

goods2.jpg

スーツケースに入れた服は必ずシワシワになっているので、ホテルに着いたらハンガーにかけて、霧吹きをするとシワが解消されます。

他にも色々ありますが、ネットにあまり載ってなさそうなモノを取り上げてみました。
行先にもよりますが、フライト時間が長い海外へ行く場合は、機内を少しでも快適に過ごすための工夫が特に大事かと思います。
 Queer Eye
最近、Netflixに私好みの作品が結構揃っていることを発見し、よく観るようになりました。
一方、Huluにも加入していますが、こちらは目当ての「Humans」以外、あまり食指をそそられるものがなく…。
そのうち「Humans」シーズン3が観られるだろうからと解約せずに置いているものの、お金だけ払って放置状態というありさま。
Huluのほうが月額料金が高いのに、もったいない話です。

さて、今、Netflixでガンガン観ているのが、「クィア・アイ」。
5人のゲイ男子が、ストレートの冴えない男子を寄ってたかって大改造するリアリティ・ショーで、この番組は、昔、同じタイトルでアメリカの「Bravo」という放送局が制作していたもののリブート版。
オリジナルの「クィア・アイ」も、当時、面白くて欠かさず観ていました。
確か、当ブログにも書いていた記憶があり、辿ってみると、2006年。
あれから12年も経っているとは、時の流れは早いものです…。

番組構成はオリジナルと全く同じで、ファブ5と呼ばれる5人のゲイ男子が、ファッション担当、ヘアメイク担当、インテリア担当、フード担当、カルチャー担当と、役割ごとにそれぞれの立場からターゲットの改造を行います。

オリジナル版は、エンタメ要素が強い印象でしたが、リブート版は、ターゲットの表面的な改造にとどまらず、内面の深い部分にも入り込み、そこから広がって、ファブ5自身も過去の辛い思い出をさらけ出し、今のアメリカ社会のゲイ差別や偏見といった社会的な問題へも斬り込む展開。
さらに、ストレートの男子だけでなく、女性やトランスジェンダーも取り上げ、進化しています。

オリジナルは、カルチャー担当の影が薄くて(名前が思い出せない…、ルックスは一番かわいかったのですが)、当時、この番組をパロディにしたコントで、カルチャー担当のテロップ紹介が「USELESS」だったのが大ウケでしたが、リブート版では、カルチャー担当のカラムは、むしろ活躍しています。

フード担当のアントニは、ファブ5の中で一番ゲイっぽく見えないかわいいルックスで、いつも「簡単に作れる料理を教えるよ」と言いつつ、材料が一般的でなかったり、工程が結構多かったり、あまり簡単に思えないのが気になります。
アボカドの種を上手に取る方法(アボカドを半分に切り、半分だけ露わになった種に包丁をブスッと刺して引っ張る)は確かに簡単で、さっそく実践して役立っていますが、その他はちょっと…。

「クィア・アイ」、毎回、笑いあり涙ありで、見出すと止まらなくなる面白さです。

| home |