FC2ブログ
 海外ドラマ まとめ鑑賞
今年のお盆休みは、いつも以上に家でまったり過ごせました。
おかげで、手を付けるも最後まで観切れていなかった海外ドラマや、観ようと思いながら観れていなかった海外ドラマをまとめて鑑賞できて、スッキリ!
以下、お盆休みに観た作品紹介です。

■シリコンバレー
このドラマは、当グログですでに「面白い」と紹介済みなのですが(こちら)、シーズン3の途中まで観たところで進んでおらず、やっと、シーズン5まで観終わりました。
IT業界を舞台にした話で、ITのシステム的なことなど理解が難しい部分はあるものの、コメディでテンポよく進むので見やすく、あくまでもITビジネスにフォーカスし、主人公や周りのキャラ達の恋愛ネタがほとんどないのが新鮮。
シーズン6でシリーズ終了のようなのですが、アマゾンプライムではまだ配信されていないのがイラつきます…。


■プリーズ・ライク・ミー


ブサメン系ゲイ男子の主人公ジョシュの恋愛話を中心に、とほほな日常を描いた、オーストラリア産ラブコメディ。
このドラマはずいぶん前にNetflixで見つけてハマっていたのですが、最終シーズン、シーズン4のあと少しが観れておらず、やっと最後まで見届けました。
ジョシュの両親、友だちなど、周りのキャラが個性豊かで、そんな人たちの突拍子もない言動に振り回されながらも何とか自分の人生を切り開いていく姿を、ほんわか描いています。
ジョシュと恋愛関係になる男子が、皆かわいい!
そして、ジョシュは料理好きで、いつも美味しそうな料理やお菓子が出てくるのも見ていて楽しいです。

主演のジョシュ・トーマスは、このドラマの脚本・監督も手掛ける若き才能で、この後に紹介する『GIRLS/ガールズ』の主演レナ・ダナムも同じく脚本・監督までこなすマルチタレントで、さらに、ドラマが作られた年代や描いているテーマもテイストが似ていて、共通点が多いことが両方観て分かりました。


■GIRLS/ガールズ


このドラマが話題になっていたのは数年前で、当時観たくてしょうがなかったのですが、契約していない有料チャンネルだったため叶わず、今になってようやく、アマゾンプライムで観ました。
主人公ハンナを中心に、NYで暮らす4人の20代女子たちのままならない人生をコミカルに描いたラブコメディ。
NYが舞台の4人の女子物語といえば、『SATC』ですが、SATCのような“おしゃれ”感はなく、主人公のハンナは、一言でいうと“だらしない”感じ。
そして、若い彼女たちの恋愛中心のストーリーは、私には観ていて共感できる部分がほとんどなく、それなのに、観出すと止まらないのはなぜ?

何というか、今の私ぐらいの年代の日本の女性には、いや、ひょっとしたら私だけかもしれませんが、家庭菜園で育てた旬の野菜で手料理を作り、部屋には季節の花を飾り、コーヒー豆は手動ミルで挽き、毎日きれいに掃除して、天然素材の着心地のよい服で、一日一日を丁寧に暮らすのが「素敵」みたいな、“丁寧な暮らし”プレッシャーがあり、実際、そんな丁寧な暮らしなどできないのですが、ハンナのだらしなさを見ていると、丁寧でない自分を許し、楽な気分になれるからだと思います。
人生、だらしなくてもOK!

ところで、シーズン1から登場する、ハンナが振り回されるダメ男の恋人役がアダム・ドライバーで、アダムはこの役がきっかけでブレイクし、今やスター・ウォーズ・シリーズに抜擢されるハリウッドの大物俳優の一人に。
私はこのドラマで演じていた役どころと似た感じの役をやっていた、インディペンデント系映画『フランシス・ハ』、『ヤング・アダルト・ニューヨーク』などでアダムのことを知りましたが、今のアダムを見ると、精悍な顔立ちで、体型もシュッとして、ダメ男な雰囲気は何処へ?というほど、とてもいい感じに成長しています。
そんなアダムのダメ男の演技は、これは「素」なのではないかと思うほどナチュラルで、見ごたえあり。

まだ最終シーズンまで観れてませんが、最後まで見届ける予定です。
 最も快適な車両は…
お盆は、例のごとく実家の香川に帰省していたのですが、大型台風到来で15日に福岡に帰るのは無理となり、1日前倒しして14日に戻りました。
早めに予定変更したおかげか、香川と岡山を結ぶJR瀬戸大橋線マリンライナーの指定席がグリーン車しかなかったことと、岡山駅がいつも以上に混んでいたこと以外は、特にどうということもなく、普通に帰れました。

ところで、マリンライナーといえば、先頭車両が指定席で、2階建て構造になっているのが特長。
2階席がグリーン車、1階席が指定席なのですが、1階席は自由席車両よりも床が低くて、半地下みたいなイメージで、なぜこんなに床の低い車両と普通の高さの車両が繋がって走ることができるのか、毎回不思議に思いながら、いつも1階の指定席を利用しています。

しかし、今回は指定席がソールドアウト、そこで、奮発してグリーン車を予約、初めてグリーン車を体験しました。
奮発といっても指定席の250円ぐらいアップで、ちなみに、指定席は自由席にプラス250円ぐらいと、かなりのお手頃価格です。

グリーン車は2階なので、さぞかし見晴らしがよいかと思いきや、意外とそうでもなく(結局、瀬戸内海の海景色はどの車両から眺めても素晴らしい)、乗り物酔いしやすい体質のせいか、なにより、車両の揺れが激しいのが気になりました。
1階席では、ここまで揺れが気になることは基本ないので、確実に揺れ方が違うと思います。

ということで、今回の帰省で学んだこと。
一番高いグリーン車が最も快適とは限らない。
 ジュリアン・オピー展など
julian1.jpg

ジェイソン・ムラーズのライブの他にも、ちょっとした東京巡りを楽しみました。

それにつけても、梅雨明けしたとたんに暑さ爆発で、とにかく暑かった、東京。
猛暑の中、向かったのは、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の、ジュリアン・オピー展。

julian2.jpg

ジュリアン・オピーは、ロンドン生まれの現代美術アーティストで、ポップで分かりやすい作風が、私には受け入れやすくていい感じでした。

tokyost.jpg

そして、東京駅。
東京駅が大々的に改装されてからもう何年も経ちますが、東京へはいつも飛行機を利用するため、いまだかつて東京駅にちゃんと行ったことがなく、今回、ついにその姿を見ることができました。

ところで、東京に行くといつも泊まらせてもらっている友人宅の寝室がクーラーなしで、私も寝るときはクーラーは付けていないのですが、あまりに暑くて耐えられず、クーラーありの部屋に変えてもらいました。
同じクーラーなしでも、福岡と東京の夜の暑さは、何か違う!
そして、友人はクーラーなしのその部屋でも難なく寝られたみたいで、びっくり!

びっくりといえば、東京はキャッシュレス決済がさほど進んでいないのも意外でした。
今回、諸々の支払いをキャッシュレスで支払おうとしたらことごとく断られ、東京は地方よりもキャッシュレス化が進んでいるかと思いきや、そうでもないことが分かりました。

最終日は、東京の朝の劇混み電車を体験し、大した時間と距離でもないのにへとへとに…。
東京に住むには、相当な体力が必要です…。
 Jason Mraz ~GOOD VIBES TOUR~ at 中野サンプラザ ’19.7.29
20190729_JM2.jpg

7月29日は、5年ぶりの来日公演、ジェイソン・ムラーズのライブを観に東京まで行って来ました。

今回、先行予約でゲットしたチケットは、1階2列と書いてあり、これは前から2列目か!と喜び勇んで会場に入ると、なんと、最前列だったというサプライズ!
きゃ~~~~~~~!!!!!
先行予約といえども、決して良席が保障されるわけではない日本のチケット販売システムで、こんなラッキーはそうそうありません!

この日、ステージに登場したジェイソンは、前日に出演していたフジロックの疲れをものともせず、乗っけから透明感溢れる歌声で、ピッチも完璧!
バンドメンバーとお揃いの、ガソリンスタンドのユニフォームみたいなつなぎ姿もかわいい!
特に、胸元のアボカドのアップリケがツボ!

セットリストは、最新アルバムから懐かしのデビューアルバム、さらには初めて聴くナンバーまで、選り取り見取りで、中でも、最新アルバムのナンバー「Unlonely」は、ジャクソン5の「I Want You Back」とマッシュアップしたアレンジで、バンドメンバーとの息の合ったほんわかダンスも披露し、大盛り上がり!

20190729_JM1.jpg

今回のツアーメンバーは、5年前の来日公演で、素晴らしいコーラスワークとアコースティック演奏を聴かせてくれたバンド「RAINING JANE」+ドラム&ベース&キーボードの編成で、アコースティックが基本ながらも、ドラムとベース、そしてキーボードが入っているぶん、よりダイナミックなサウンドで聴かせてくれて、私好みでした。

ジェイソンもバンドメンバーも、皆さんとってもフレンドリーで、アンコールが終わり、全員が一列になって挨拶した後、ステージからはけるときにバンドメンバーとハイタッチできました!
ジェイソンとのハイタッチはかなわなかったけれど、個人的に、この日、ドラマーのマイケル・ブラムが(名前は違うかも…)、ライブ途中で一旦ステージからはけるときに、手を振ったら振り返してくれたのがとても嬉しかったです。

5年ぶりに観たジェイソン・ムラーズのライブは、ツアータイトルの通り、GOOD VIBESに溢れた、とても幸せな気分なれる、本当に素敵なライブでした!
 野菜生活
kuushinsai.jpg
空心菜炒め(ニンニク多め)

この1週間は、PMSの症状が酷くて、仕事以外ほとんど何も出来ず…。
毎月、PMSの症状には悩まされているのですが、今月は特に酷いので、何か思いあたるふしはないかと最近の行動を振り返ってみたところ、そういえば、肉をよく食べていたなと。

動物性脂肪を減らすとPMSに効果があるとの情報をすっかり忘れて、体が欲するままに肉系をよく食べていたのです。
仕事が忙しいと、スタミナをつけようと肉に走る傾向があり、今月はいつも以上に肉食が多かったことに気が付きました。

ということで、今日からは少しがむばって、野菜料理を作ろうと決心した次第です。
料理好きではないので、凝った料理も、何品も作ったりも出来ないのですが、健康のためにやらざるを得ない…。

しかし、料理はいつまで経っても好きにはなれないのはいったい…。
掃除だったらいくらでもやるのに~~~
 The Worldship Humility


ここ最近、通勤時間に聴いているものといえば、もっぱらオーディブル。
オーディブルとは、小説などをプロのナレーターや俳優が朗読して聴かせてくれるコンテンツで、マイ・フェイヴァリット俳優、コリン・モーガンがきっかけで初めて存在を知りました。

音声で楽しむドラマといえば、ラジオドラマもコリンが出ているのを機に聴くようになりましたが、オーディブルはラジオドラマと違って、小説をまるまる一人で朗読するので、出てくる登場人物全員を一人で演じきるのがポイント。
今、聴いている『The Worldship Humility』という作品は、30人以上いる登場人物を、コリンがあらゆる声色、アクセントを駆使して、見事に演じ分けています。

当然、英語なので、内容は相変わらず雰囲気で理解しているだけですが(笑)、物語全部、どこを聴いてもコリン!コリン!コリン!
これは、ファンにはたまらないコンテンツです。

登場人物のキャラを踏まえたそれぞれの声の演出は、基本コリン自身が考えているそうで、中でも、主要人物の一人であるサム君(ハッカーでオタクでシャイでグッド・ルッキング、でも、本人はハンサムの自覚なし)は、コリンの素のアイリッシュ・アクセントで、コリンの素のしゃべりに極めて近い雰囲気なのがツボ!

他にも、ジェニーという太った赤毛女子(周りからいじめられている可哀想キャラ)の、か細くて消え入りそうな声色も可愛くて好きです。
さらに、コリンの出世作『魔術師マーリン』で演じた、お爺さんマーリンの声も登場し、ディープに楽しませてくれます。

そういえば、小説っていつから読んでないのだろうというぐらい、小説系は普段全く読まないのですが、オーディブルは、登場人物を自分の中で好き勝手に想像して楽しむという読書の醍醐味を思い出させてくれました。
 効果てきめん!


以前、当ブログで、あまりの不味さに恐怖を覚えたこちらの歯磨き粉について綴りましたが、実は、そう言いながら現在も使用中です。

私は普段、歯磨き粉をふんだんに盛るタイプで、初めて使ったときも、いつもの分量でこの歯磨き粉を口に入れてしまったために衝撃が大きかったのだと思い、それからは、極力少量を盛るように修正。
すると、そこまで味に耐えられなくもなく、さらに、毎日使っているうちにだんだん慣れてきて、今では別にどうってことないという変わりよう(笑)。

「5日で白い歯に!」との宣伝文句もあながち大げさではなく、この歯磨き粉を使うと、歯が白くまではならないものの、汚れをきれいに落としてくれるのは確か。
というのも、私は歯列矯正が終わり、今、上の歯だけリテーナー(マウスピース)をはめているのですが、リテーナーを付けたままコーヒーとか紅茶とか色の濃い飲み物を飲むせいなのか(?)、上の歯の薄汚れ度合がハンパなく、歯医者さんでクリーニングをしないと取れないレベルだったのですが、この歯磨き粉に変えてから、全然薄汚れなくなったのです!

これほどはっきりと効果が感じられた歯磨き粉は初めてです。
やはり、あの不味さに何か秘密がありそうです(笑)。

| home |